bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

iOS 14、ようやくSafariに翻訳機能を搭載か

iOS

iOS 14、ようやくSafariに翻訳機能を搭載か

現地時間6月22日にオンラインで開催される開発者向けのビッグイベント「WWDC 2020」で先行発表が確実視されている「iOS 14」

秋の正式配信が予想される次期バージョンでは、Safariに翻訳機能が搭載されるかもしれない。

App Storeにも翻訳機能を搭載?

9to5MacがiOS 14の早期ビルド版からSafariの翻訳機能を発見したという。

すでにiOSでは音声アシスタントのSiriで単語やフレーズの翻訳が可能だが、iOS 14ではニューラルエンジンによってローカルで動作する翻訳機能が利用できるとのこと。

これまでは原文をコピーしてから別のサービスにアクセスしたり別のアプリを起動する必要があったが、iOS 14では今開いているページから移動せずに済むようだ。

翻訳機能はオプションとして提供される可能性高いとのこと。iOS版のGoogle Chromeのようにメニューからボタンをタップすることで翻訳できるかもしれない。

Google Chromeの翻訳機能

Google Chromeの翻訳機能

ほかにもiOSが言語を検出して自動で翻訳したり、ページをリロードすることなく原文と訳文を切り替えることもできるという。

Safariの翻訳機能は始まりに過ぎず、今後はシステム全体に拡大する可能性があるとのこと。9to5MacはApp Storeで翻訳機能がテストされていることを発見しており、アプリの紹介文やレビューも翻訳できるかもしれない。

前述したとおりSafariの翻訳機能は数ヶ月前の早期ビルドから発見されているため、すでにApp Storeでも翻訳機能が利用できるかもしれないし、逆に問題が発見されて機能が削除されている可能性もある。

なお、AppleはSafariを含めたデフォルトアプリをサードパーティ製のアプリに変更することを検討しており、早ければiOS 14で実現すると報じられている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Amazon

2020/11/26
Amazonブラックフライデー2020の注目商品&攻略まとめ

Amazon

2020/11/26
Amazon、“新品同様に見える”iPhoneの販売開始。初代SEは1.6万円

LINEの使い方

2020/11/25
iPhone版LINEでフォント変更が可能に〜変更方法を解説

HomePod

2020/11/25
「HomePod」で家電を操作する方法
Recommendこんな記事も読まれています