2018年のiPad Pro、7nmプロセス・8コアの「A11X Bionic」を搭載か

bio
Yusuke Sakakura

2018年のiPad Pro、7nmプロセス・8コアの「A11X Bionic」を搭載か

Photo by iDROPNEWS

新デザインや顔認証「Face ID」など大幅な刷新が噂される2018年発売の「iPad Pro」には、MacBook Proの性能も遥かに凌駕するプロセッサ「A11X Bionic」が搭載されるようだ。

次期「iPad Pro」、10nm→7nmプロセス、6コア→8コアに大幅性能アップか

2018年のiPad Pro、7nmプロセス・8コアの「A11X Bionic」を搭載か

中国のMyDriversによると、2018年後半にも発売されると噂されている「iPad Pro」には、7nmプロセスで製造された「A11X Bionic」チップが搭載されるとのこと。

iPhone X/iPhone 8/iPhone 8 Plusに搭載されるA11 Bionicが、2つの高性能コア“モンスーン”と4つの高効率コア“ミストラル”から構成され、10nmプロセスで製造されているのに対して次期iPad Proの「A11X Bionic」は、3つの高性能コアと5つの高効率コアから構成される8コアプロセッサとなる。

「A11X Bionic」が現行のiPad Proに搭載されるA10X FusionやMacBook Proも凌駕するスマートフォン史上最もパワフルなA11 Bionicも大きく上回ることは間違いないだろう。

2018年発売の「iPad Pro」では、iPhone Xと同じようにホームボタンと指紋認証が廃止されて顔認証「Face ID」とベゼルレスのオールスクリーンが採用されると報じられている。ただし、技術的な問題からディスプレイは有機ELではなく従来の液晶となるようだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています