当メディアではアフィリエイト広告を使用しています

どれぐらい進化した?iPhone 15とiPhone 14の違いを比較

bio
Yusuke Sakakura更新日:2024/01/08 17:28
どれぐらい進化した?iPhone 15とiPhone 14の違いを比較

AppleがiPhone 14の後継機として最新のiPhone 15を発表しました。2023年9月22日(金)から発売されています。

今後もiPhone 14の販売は続くため、より安いiPhone 14を購入するのか、それとも最新のiPhone 15を購入するのか悩んでいる人も多いでしょう。また、発表されたばかりのiPhone 15がどれぐらいの進化をしたのか、どういった違いがあるのか知りたい人も多くいるはず。

この記事では、最適なiPhoneを選ぶために必要な「iPhone 15」と「iPhone 14」の違いをまとめて徹底的に比較しています。ぜひ購入の参考にしてください。

オンラインショップで購入オンライン購入なら待ち時間なし・送料無料。ドコモ・楽天・ソフトバンク(自宅受け取り)は事務手数料も0円!!

ドコモオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

auオンラインショップ

Apple公式サイトでの購入は楽天ポイントが還元されるAppleギフトカードの利用がおすすめです。

目次

「iPhone 15」と「iPhone 14」の違いを比較

iPhone 15iPhone 14
デザイン

iPhone 15

iPhone 14

素材・形状
  • セラミックシールド
  • ガラス
  • 航空宇宙産業レベルのアルミニウム
  • フラットエッジな形状
カラー ピンクイエローグリーンブルーブラック イエローブルーパープルミッドナイトスターライト(PRODUCT) RED
価格と容量
  • 128GB:124,800円
  • 256GB:139,800円
  • 512GB:169,800円
  • 1TB
  • 128GB:119,800円
  • 256GB:134,800円
  • 512GB:164,800円
  • 1TB
大きさ
  • 高さ:147.6 mm
  • 幅:71.6 mm
  • 厚さ:7.80 mm
  • 高さ:146.7 mm
  • 幅:71.5 mm
  • 厚さ:7.80 mm
重さ 171 g 172 g
ディスプレイ
  • Super Retina XDR
  • 通常幅のベゼル
  • 6.1インチ有機EL
  • ダイナミックアイランド
  • 1,179 x 2,556ピクセル
  • 460ppi
  • コントラスト比 2,000,000:1
  • リフレッシュレート60Hz
  • アスペクト比 19.5:9
  • HDRディスプレイ
  • ProMotionテクノロジー
  • 常時表示ディスプレイ
  • True Tone
  • 広色域(P3)
  • 触覚タッチ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数言語と文字の同時表示
  • 画面の明るさ
  • Super Retina XDR
  • 通常幅のベゼル
  • 6.1インチ有機EL
  • ノッチ
  • 1,170 x 2,532ピクセル
  • 460ppi
  • コントラスト比 2,000,000:1
  • リフレッシュレート60Hz
  • アスペクト比 19.5:9
  • HDRディスプレイ
  • ProMotionテクノロジー
  • 常時表示ディスプレイ
  • True Tone
  • 広色域(P3)
  • 触覚タッチ
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数言語と文字の同時表示
  • 画面の明るさ
    • 標準:800ニト
    • HDR:1,200ニト
    • ピーク:1,200ニト
メインカメラ
  • 先進的なデュアルカメラシステム
  • 48MP 広角レンズ
    • 絞り値 ƒ/1.6
    • ピクセル幅 ??
    • センサーサイズ ??
    • 第1世代センサーシフト式光学手ぶれ補正
    • 24MP撮影
    • デュアルピクセルPDAF
    • 7枚構成のレンズ
  • 12MP 超広角レンズ
    • 絞り値 ƒ/2.4
    • 視野角 120°
    • 5枚構成のレンズ
    • レンズ補正
  • 機能
    • SCレンズカバー
    • True Toneフラッシュ
    • LiDARスキャナー
  • デュアルカメラシステム
  • 12MP 広角レンズ
    • 絞り値 ƒ/1.5
    • ピクセル幅 1.9μm
    • センサーサイズ 1/1.7インチ
    • 第1世代センサーシフト式光学手ぶれ補正
    • 24MP撮影
    • デュアルピクセルPDAF
    • 7枚構成のレンズ
  • 12MP 超広角レンズ
    • 絞り値 ƒ/2.4
    • 視野角 120°
    • 5枚構成のレンズ
    • レンズ補正
  • 機能
    • SCレンズカバー
    • True Toneフラッシュ
    • LiDARスキャナー
フロントカメラ
  • 12MP
    • 絞り値 ƒ/1.9
    • センサーサイズ 1/3.6インチ
  • 機能
    • フォーカスピクセルAF
    • 6枚構成のレンズ
    • Retina Flash
    • アニ文字とミー文字
    • レンズ補正
  • 12MP
    • 絞り値 ƒ/1.9
    • センサーサイズ 1/3.6インチ
  • 機能
    • フォーカスピクセルAF
    • 6枚構成のレンズ
    • Retina Flash
    • アニ文字とミー文字
    • レンズ補正
写真機能
  • 焦点距離のカスタム
  • Photonic Engine
  • Deep Fusion
  • スマートHDR 4
  • ポートレートモード
  • 6つのポートレートライティング
  • ナイトモード
  • LiDARによる夜のポートレート
  • パノラマ(最大63MP)
  • フォトグラフスタイル
  • マクロ写真撮影
  • Apple ProRAW
  • 広色域キャプチャ
  • 高度な赤目修正
  • 自動手ぶれ補正
  • バーストモード
  • 写真へのジオタグ添付
  • 最大5倍のデジタルズーム
  • 光学相当2倍ズーム
  • 写真形式
    • HEIF
    • JPEG
    • DNG
動画機能
  • メインカメラ
    • 4K:24,25,30,60fps
    • 1080p:25,30,60fps
    • 720p:30fps
  • フロントカメラ
    • 4K:24,25,30,60fps
    • 1080p:25,30,60fps
  • シネマティックモード
    • 最大4K HDR/30fps
  • アクションモード
    • 最大2.8K/60fps
  • ドルビービジョン対応HDR
    • 最大4K/60fps
  • ProResビデオ撮影
    • 非対応
  • 空間ビデオ
  • Logビデオ撮影
  • アカデミーカラーエンコーディング
  • マクロビデオ撮影
  • スローモーションビデオ
    • 1080p/120,240fps(背面)
  • 手ぶれ補正タイムラプス
  • ナイトモードのタイムラプス
  • QuickTakeビデオ
  • 光学手ぶれ補正
    • センサーシフト式(広角)
    • デュアル光学式
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正
    • 4K,1080p,720p
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • 4K撮影中に8MP写真撮影
  • ステレオ録音
  • オーディオズーム
  • 再生ズーム
  • 動画形式
    • HEVC(H.265)
    • AVC(H.264)
    • ProRes
  • メインカメラ
    • 4K:24,25,30,60fps
    • 1080p:25,30,60fps
    • 720p:30fps
  • フロントカメラ
    • 4K:24,25,30,60fps
    • 1080p:25,30,60fps
  • シネマティックモード
    • 最大4K HDR/30fps
  • アクションモード
    • 最大2.8K/60fps
  • ドルビービジョン対応HDR
    • 最大4K/60fps
  • ProResビデオ撮影
    • 非対応
  • 空間ビデオ
  • Logビデオ撮影
  • アカデミーカラーエンコーディング
  • マクロビデオ撮影
  • スローモーションビデオ
    • 1080p/120,240fps(背面)
  • 手ぶれ補正タイムラプス
  • ナイトモードのタイムラプス
  • QuickTakeビデオ
  • 光学手ぶれ補正
    • センサーシフト式(広角)
    • デュアル光学式
  • 映画レベルのビデオ手ぶれ補正
    • 4K,1080p,720p
  • 連続オートフォーカスビデオ
  • 4K撮影中に8MP写真撮影
  • 最大3倍のデジタルズーム
  • ステレオ録音
  • オーディオズーム
  • 再生ズーム
  • 動画形式
    • HEVC(H.265)
    • AVC(H.264)
    • ProRes
チップ
  • A15 Bionicチップ
    • 6コアCPU
    • 5コアGPU
    • 16コアNeural Engine
    • 5nm
電池持ち
  • 3,349mAh
  • 動画再生: 最大20時間
  • ストリーミング: 最大16時間
  • 音楽再生: 最大80時間
  • 約30分で最大50%の高速充電
  • 電池容量:3,279mAh
  • 動画再生: 最大20時間
  • ストリーミング: 最大16時間
  • 音楽再生: 最大80時間
  • 約30分で最大50%の高速充電
有線充電 USB-C 2.0(最大480Mbps) Lightning
ワイヤレス充電
  • Qi2
  • 最大15WのMagSafe充電
  • 最大7.5WのQi充電
  • Qi
  • 最大15WのMagSafe充電
  • 最大7.5WのQi充電
5G Sub6 Sub6
SIM
  • デュアルSIM
  • デュアルeSIM
  • nanoSIM
  • eSIM
  • デュアルSIM
  • デュアルeSIM
  • nanoSIM
  • eSIM
Wi-Fi
  • MIMO対応 Wi‑Fi 6
  • 802.11 a/b/g/n/ac/ax
  • MIMO対応 Wi‑Fi 6
  • 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.3 5.3
空間認識のための
超広帯域チップ
U2 U1
FeliCa
防水防じん
  • IP68
  • 最大水深6mで最大30分間
  • IP68
  • 最大水深6mで最大30分間
新しい安全機能
  • 衛星通信(日本非対応)
  • 衝突事故検出
  • 衛星通信(日本非対応)
  • 衝突事故検出
セキュリティ
  • Touch ID
  • Face ID
  • Touch ID
  • Face ID
センサー
  • L1 GPS
  • 近接センサー
  • デュアル環境光センサー
  • 高重力加速度センサー
  • HDRジャイロ
  • 気圧計
  • L1 GPS
  • 近接センサー
  • デュアル環境光センサー
  • 高重力加速度センサー
  • HDRジャイロ
  • 気圧計
同梱物
  • 電源アダプター
  • USB-C - Lightningケーブル
  • マニュアル
  • SIMツール
オンラインショップで購入オンライン購入なら待ち時間なし・送料無料。ドコモ・楽天・ソフトバンク(自宅受け取り)は事務手数料も0円!!

ドコモオンラインショップ

ソフトバンクオンラインショップ

auオンラインショップ

Apple公式サイトでの購入は楽天ポイントが還元されるAppleギフトカードの利用がおすすめです。

価格と容量

Apple StoreおよびApple公式サイトの販売価格はiPhone 15が124,800円から、iPhone 14が119,800円から。全容量差額は5,000円です。

いずれもApple公式サイトの価格。各キャリアの価格は別記事で詳細にまとめています。キャンペーンや下取りなどを含む月額の支払金をサクッと計算できる料金シミュレーターも開発したので、ぜひ利用してください。

容量はどちらも128GB、256GB、512GBの3種類から選べます。

ほとんどの人は128GBで十分ですが、写真や動画をたくさん撮る人は256GB以上の容量が必要です。現在使っているiPhoneの容量と使用済みの容量を確認して決めましょう。以下の手順を参考に今使っているiPhoneの容量と使用している容量を確認して購入するモデルを決めてください。

    iPhoneの使用済み容量を確認する
  1. iPhoneの設定画面を起動
  2. 「一般」に進む
  3. 「iPhoneストレージ」に進む
  4. 使用済みの容量とiPhoneの容量を確認する

デザイン・カラー

iPhone 14は画面上部にフロントカメラや顔認証Face IDなどに使用される各種センサーの配置場所を設けたノッチデザインを採用しています。

ノッチデザインは妥協から生まれたものであり、好意的に受け止められることはありませんが、iPhone 15に搭載された新しい前面デザインのダイナミックアイランドは見た目の変化に加えて、優れた機能性も持ち合わせています。

ダイナミックアイランド(左)とノッチデザイン(右)
ダイナミックアイランド(左)とノッチデザイン(右)

背面にも違いがあります。

iPhone 14の背面には光沢のあるクリアガラスが採用されていますが、iPhone 15にはマット仕上げの新しいカラーインフューズドガラスが採用されています。

また、iPhone 12シリーズ以降はフラットな形状でしたが、iPhone 15はエッジ部分がわずかにカーブした形状に変更されており、より手になじむデザインに改善されました。

カラーはiPhone 15はブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクの5色。iPhone 14がミッドナイト、スターライト、(PRODUCT) RED、ブルー、パープル、イエローの6色です。

iPhone 15:ブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンク
iPhone 15:ブラック、ブルー、グリーン、イエロー、ピンク
iPhone 14:ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT) RED、ブルー、パープル、イエロー
iPhone 14:ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT) RED、ブルー、パープル、イエロー

大きさと重さ

iPhone 15の大きさは147.6 x 71.6 x 7.80mm、重さは171gです。iPhone 14と比べて高さが0.9mm増加しているものの、幅・厚さ・重さはほぼ同じです。

なお、歴代iPhoneの大きさと重さは以下のとおり。お使いの機種と比較してみてください。

機種名高さ厚さ重さ
iPhone 15 147.6mm 71.6mm 7.80mm 171 g
iPhone 15 Pro 146.6mm 70.6mm 8.25mm 187 g
iPhone 14 146.7mm 71.5mm 7.80mm 172 g
iPhone 14 Pro 147.5mm 71.5mm 7.85mm 206 g
iPhone 13 146.7mm 71.5mm 7.65mm 173 g
iPhone 13 Pro 146.7mm 71.5mm 7.65mm 203 g
iPhone 12 146.7mm 71.5mm 7.4mm 162 g
iPhone 12 Pro 146.7mm 71.5mm 7.4mm 187 g
iPhone 11 150.9mm 75.7mm 8.3mm 194 g
iPhone 11 Pro 144.0mm 71.4mm 8.1mm 188 g
iPhone XS 143.6mm 70.9mm 7.7mm 177 g

ディスプレイ

画面サイズはどちらも同じ6.1インチです。大きな違いはiPhone 14のノッチに対して、iPhone 15はダイナミックアイランドを採用していること。

ダイナミックアイランドで電池残量の警告も控えめにお知らせ
ダイナミックアイランドで電池残量の警告も控えめにお知らせ

ダイナミックアイランドは見た目の変化だけでなく、バッテリー残量が少なくなった時の警告画面やショートカットアプリでアイコンを変更したアプリを起動した時の通知が小さく表示されたり、Uber Eatsのデリバリー状況を確認したり、スポーツの試合経過を確認できるなど、利便性も向上することから好意的に受け止められています。

どちらもスリープ状態で通知や日付、時間を確認できる常時表示ディスプレイには対応していません。画面がなめらかに表示されるProMotionテクノロジーにも対応していません。これらは価格の高いiPhone 15 Pro、iPhone 15 Pro Maxで利用できます。

ダイナミックアイランドの主なメリット
  • アプリから離れてもタイマーの残り時間を表示
  • 電池残量が低下した時の警告画面が簡易表示に
  • アイコンをカスタムしたアプリ起動時の通知が控えめな表示に
  • Uber Eatsなどの配達状況を通知

カメラ

iPhone 15はカメラも大幅に進化しました。

最も利用機会の多い広角レンズのセンサーは、iPhone 14の12MPから48MPセンサーに進化。スマートフォン程度の小さなイメージセンサーでは、画素数を増やしても意味がないとも言われますがそれは過去の話。今は小さなイメージセンサーを補うためのソフトウェア処理が大幅に進化しています。

1つは複数の画素を1つに束ねるピクセルビニングによって、小さいイメージセンサーの弱点である受光量を増やして暗所でのノイズを抑えたり、広いダイナミックレンジで画質を向上します。

24MPによる高解像度撮影
24MPによる高解像度撮影

もう1つは使い勝手の良い光学相当の2倍ズームが利用できること。

これまでのiPhoneで遠くのものを撮影する場合、12MPで記録した映像を6MPなどで切り取って12MPに引き延ばしていたことから画質が荒くなっていましたが、iPhone 15では高画素なイメージセンサーを活用して12MPをそのまま切り取ることでズームしても画質が大幅に劣化することなく撮影できます。

光学相当の2倍ズームに対応
光学相当の2倍ズームに対応
iPhone 15 Proで光学相当の2倍ズーム
iPhone 15 Proで光学相当の2倍ズーム (フルサイズで表示)

画質が劣化するデジタルズームも写真は最大5倍から最大10倍に、動画は最大3倍から最大6倍に改善されています。

超広角レンズはどちらも同じ性能です。

スマートHDR 5

iPhone 15は最新のスマートHDR 5に対応しています。

照明が明るい場合や不均一な状況において、鮮やかな色彩と、より実物に近いスキントーンのレンダリングで被写体と空などの背景を捉えます。

スマートHDR 5
スマートHDR 5

また、写真アプリでHDR写真を表示すると、写真のハイライトがより明るく、中間色はより豊かで影がより深くなるように表示します。

iPhoneの写真アプリで表示した時と、その他のデバイスで表示した時の見た目が異なることを懸念する人もいると思いますが、このレンダリングは他社製のアプリでも利用できるとのこと。

次世代のポートレート

iPhone 15はより豊かな色彩と明るさが足りない場面で優れた性能を発揮する次世代ポートレートに対応しています。

また、機械学習によって人物や犬、猫を認識すると、背景をぼかすために必要な深度情報を自動で取り込むことで、撮影後にポートレート写真を作り出すことが可能に。「ポートレートで撮り忘れた!」ということがなくなります。

そしてようやくポートレートの撮影後に写真を編集してボカす対象・場所を変更したり、ボケ具合を変更することも可能になりました。

タイプライターにフォーカス奥の写真にフォーカス

進化したナイトモード

iPhone 15の進化したナイトモードでは、よりシャープなディテールと、あざやかな色彩で肌の質感や1本1本の髪、シャツに映し出される葉の影まで美しく捉えます。

進化したナイトモードで撮影
進化したナイトモードで撮影 (フルサイズで表示)

性能と電池持ち

快適な操作に関わるチップセットは、iPhone 14 Proと同じA16 BionicチップがiPhone 15に搭載されています。

一方でiPhone 14には、iPhone 13 Proと同じA15 Bionicチップが搭載されています。

性能は言うまでもなくA16 Bionicチップを搭載するiPhone 15が優秀。消費電力も優れているでしょう。

バッテリー容量はiPhone 14が3,279mAh、iPhone 15がわずかに容量の大きい3,349mAhであることを考えると、電池持ちはiPhone 15の方が優秀と言えます。ただ、どちらを選んでも1日は使えるものの、寝る前に1回の充電が必要です。

充電端子が変わる。Lightningが廃止

充電端子が変わる。Lightningが廃止

iPhone 15の最大の変更と言っても良いかもしれません。毎日に何回か、人によっては何度も利用する充電端子がLightningからUSB-Cに変更されました。

これまでのiPhoneに採用されていたLightning端子はApple独自規格のため、他社の製品で利用することは不可能で、iPhoneのためだけに充電ケーブルなどを購入したり、普段持ち歩くアクセサリも多くなっていました。

iPhone 15の充電端子は他社製品にも多く採用されているUSB-Cに変更されたことで、iPhoneのためだけに充電ケーブルを購入したり、普段持ち歩くケーブルを減らすことができます。

逆にこれまでiPhoneのアクセサリしか使っていなかった人にとってはケーブルやイヤホン端子/変換アダプタなどを買い替える必要があるので注意が必要です。

なお、充電時間はパッケージに付属されている充電ケーブルと、別売りの20W以上の電源アダプタを利用することで30分で最大50%まで充電できます。

ワイヤレス充電では、一般的なQi規格の充電器を利用した場合は7.5W出力による充電が可能。どちらも次世代のワイヤレス充電規格「Qi2」にも対応しているため、MagSafeと同様にマグネットを活用することで位置ズレを防いで効率的な充電が可能。

iPhone 15では最大15W出力による高速充電も可能。iPhone 14がQi2の最大15W出力に対応するかはまだ不明です。

U2チップ

iPhone 15には新しいU2チップが搭載されています。

このチップはAirTagやAirPodsなど、同じチップを搭載したデバイスの位置を正確に特定するのに役立ちます。例えば、AirPodsがソファのクッションの間に挟まっていたり、郵便物の下敷きになっていてもiPhoneの探すアプリを使って探し出すことが可能です。

また、対応する車種ではiPhoneをポケットに入れたまま車に近づくだけでドアを解錠できるデジタル鍵としても利用可能。

これまでのiPhoneに搭載されているU1チップと違い、U2チップはこれまでの3倍の範囲でiPhone同士を接続できるため、iPhone 15では、友達を探す機能を使って自分の位置情報を共有することで、人混みの中でも友達や家族を見つけることが可能になります。

家族や友だちとはぐれた時に便利なU2チップ
家族や友だちとはぐれた時に便利なU2チップ

まとめ:iPhone 15に買い換えるべき?

iPhone 15のアップデート内容は、マット仕上げの背面ガラス、手になじむわずかにカーブしたボディ、充電端子のUSB-への変更、便利なダイミックアイランドに対応、明るくなったディスプレイ、48MPセンサーによる便利で高画質な2倍ズームに対応したカメラ、ポートレートで撮り忘れても安心の次世代機能、進化したナイトモードとスマートHDR、それらのカメラ機能を実現した高性能なチップセット、3倍の範囲で接続できるU2チップに対応するといったものです。

高画質な有機ELディスプレイ、画面がキズつきにくいセラミックシールド、IP68の防水・防じん、Sub6の5Gなど共通点は多いものの、昨年よりも変更点は多く存在しており、特にiPhone 12以前のモデルを利用しているのであれば、買い替えを検討しても良いモデルでしょう。

どちらを購入するか迷っている場合は、iPhone 15とiPhone 14の違いをわかりやすくまとめた表を再度チェックして、5,000円多く払ってiPhone 15を選ぶ必要があるのか判断してください。

iPhone 15
iPhone 15¥ 124,8006.1インチの有機ELディスプレイに新しい前面デザインのダイナミックアイランドを導入しました。見た目の変化だけでなく利便性が向上。電池残量低下の警告画面のお知らせが控えめになり、タイマーアプリから離れても残り時間を常時表示。カメラは12MPから48MPに向上したことで使い勝手の良い光学相当の2倍ズームに対応。高画素ならではのピクセルビニングによって画質も向上しました。比較記事を読む
iPhone 14
iPhone 14¥ 119,8006.1インチの有機ELディスプレイは多くの金属よりも硬いナノセラミッククリスタルをガラスに組み込み、二重イオン交換プロセスによってすり傷、引っ掻き傷、日々の摩耗から画面を強力に保護。カメラは暗所でも明るく、リアルな色彩と美しく微細な質感を捉え、公園で子どもを追いかけて撮影しても手ブレのないなめらかなアクションモードに対応。チップはiPhone 13 Proと同じA15チップを搭載。車で重大な事故にあった場合はiPhone...
話題の流れ
コメント
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

質問する際は画面にどういったメッセージが表示されているのか、利用機種・OSのバージョンも書いてください。

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

攻撃的・侮辱的・過激・不快な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

VPNを使った書き込みおよび連投は承認されません。

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています