bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

郵便局で格安スマホ販売。8月から2050局の郵便局で開始

SIMフリー/格安スマホ

日本郵便、格安スマホを販売。8月から2050局の郵便局で

日本郵便会社が、岐阜・愛知・静岡・三重の東海4県に設置された郵便局で格安スマートフォンを8月1日から販売することを発表しました。

郵便局で格安スマホが購入できるカタログが設置

日本郵便の発表によると、8月1日より東海4県にある簡易郵便局を除く2,050の郵便局で格安スマホの販売を開始します。順次全国に拡大されます。

キャリアショップのように郵便局のスタッフが対応するのではなく、郵便局にカタログが置かれる形の販売形式になるようです。購入する場合は店頭に設置されたカタログから電話もしくははがきで申込書を請求し、申し込みするとSIMカードがセットされたスマートフォンがゆうパックで手元に届きます。

日本郵便、格安スマホを販売。8月から2050局の郵便局で

購入・申し込みイメージ

通常、SIMカードの挿入・設定などが必要になりますが、手元に届いたスマートフォンは電源を入れるとすぐに使うことができるため、スマートフォン初心者や高齢者でもカンタンに利用することができるとのこと。

なお、販売されるスマートフォンは、先日発表された富士通コネクテッドテクノロジーズのSIMフリースマートフォン「arrows M03」で、料金プランはIIJmioが提供する月間データ通信料3GBの音声通話付きのミニマムスタートプランのみ。

初期費用として3,000円。端末代金は32,800円で、料金プランは月額1,600円。分割払いを選択すると、端末代込みの月額2,980円で利用することができます。また、オプションとして端末の破損時にリフレッシュ品と交換できる「端末補償オプション」に加入することができます。


日本郵便

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2019/04/23
+メッセージ、公式アカウント提供へ。レストラン予約や住所の一括変更など可能に

LINE Pay

2019/04/23
iOS版「LINE Pay」アプリの配信開始。超Payトク祭りの上限額が1万円に

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/04/23
最大100W出力のUSB PD充電器「Anker PowerPort Atom PD 4」が発売

キャッシュレス

2019/04/23
「ゆうちょPay」が5月8日スタート。口座から即時引落、先着500円プレゼントも
Recommendこんな記事も読まれています