新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

bio
Yusuke Sakakura

新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

今年3月に発売された新型iPad Proは、A12X Bionicで動いてなかった1個のGPUを稼働させたA12Z BionicやLiDARスキャナを追加したデュアルカメラ、スタジオ品質のマイクを搭載するなどマイナーアップデートで登場した。

来年にはディスプレイに大きな手を加える新型iPad Proが発売されるかもしれない。

iPhone ProもiPad Proも有機ELxProMotionディスプレイ搭載?

The Elecによると、Appleが2021年前半に発売する新型iPad Proの少なくとも1つにはミニLEDディスプレイを搭載したモデルが含まれるとのこと。

これまでの噂では2021年3月ごろに発売される12.9インチ、iPad ProのみミニLEDディスプレイを搭載すると報じられている。

ミニLEDディスプレイは、広色域化と高いコントラスト比、高いダイナミックレンジによる映像表現が可能で、極小のLEDバックライトによって一部のエリアに限定して減光(明るさの調整)できるため低消費電力化も実現できる。バッテリーの増量につながるユニットの薄型化も可能になり、有機ELのデメリットである焼き付きが発生しないなどメリットは多い。

さらに、2021年後半にはSamsungとLGが開発を手がける有機ELディスプレイを搭載した新型iPad Proの発売を計画しているという。

現在のiPad Proはバックライトが必要な液晶ディスプレイを採用している。3月発売が噂されるミニLEDディスプレイも液晶だ。

有機ELとリフレッシュレート120Hzの組み合わせがようやく実現するかもしれない。先月から今月にかけて発売されたiPhone 12シリーズは全機種有機ELを採用しており、Proモデルはリフレッシュレート120Hzに対応すると何度も噂されていたが、消費電力など複数の問題が発生したことで結局は実現しなかった。

新型iPad ProだけでなくiPhone 13シリーズについてもリフレッシュレート120Hz対応が報じられていることからAppleが来年秋に発表する新型iPhoneと新型iPad Proの両方に有機ELのProMotionディスプレイが搭載されるかもしれない。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

Anonymous へ返信する コメントをキャンセル

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています