bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

任天堂初のスマホアプリは2016年3月に延期、「Miitomo(ミートモ)」発表

ニュース

任天堂初のスマホアプリを来年3月に延期、「miitomo(ミートモ)」発表

任天堂は、同社が初めてスマートフォン向けに開発したアプリとして「Miitomo(ミートモ)」を2016年3月に提供することを発表しました。

「Miitomo(ミートモ)」とは?

2016年3月に配信予定の「Miitomo(ミートモ)」は、TwitterやFacebook、LINEのように自分が自分のことを発信するのではなく、自分をキャラクター化したアバター「Mii」からの質問に答え、答えたことをMiiが友だちにシェアするというもの。

任天堂初のスマホアプリを来年3月に延期、「miitomo(ミートモ)」発表 任天堂初のスマホアプリを来年3月に延期、「miitomo(ミートモ)」発表
任天堂初のスマホアプリを来年3月に延期、「miitomo(ミートモ)」発表 任天堂初のスマホアプリを来年3月に延期、「miitomo(ミートモ)」発表

この「Miitomo(ミートモ)」の特徴を任天堂は「ネタふりコミュニケーション」と呼んでおり、Miiの質問に答えて、Miiが代理的にシェアすることで、自分発信に消極的な人も参加しやすく、聞かれたら言いたいことをシェアすることで、友達の知らなかった意外な一面や自分との共通点を発見できるとのこと。

任天堂スマホアプリの第一弾はコミュニケーションアプリに、期待されるのはゲームアプリ

任天堂は今年5月にスマートデバイス事業に参入することを発表。年内に第1弾のアプリをリリースすると案内していましたが、2016年3月に延期された理由としてアプリの品質向上などをあげています。

なお、任天堂のIP(≒マリオやゼルダ、どうぶつの森などのキャラクター)を活用したタイトルは2017年3月末までに5本程度を投入すると案内する計画に変更はないとのこと。

任天堂はスマートデバイス向けに投入するタイトルに関して、家庭用ゲーム機で発売されたタイトルをスマートデバイス向けに移植するようなものでないこと、ゲーム専用機に集中させてきた任天堂IPをさまざまな形で活用する、としています。

そういった前置きはあるものの、今回発表された「Miitomo(ミートモ)」はゲームアプリではなく、コミュニケーションアプリとなったことでがっかりした人は少なくないようです。

任天堂初のスマホアプリを来年3月に延期、「miitomo(ミートモ)」発表 任天堂初のスマホアプリを来年3月に延期、「miitomo(ミートモ)」発表
スマートデバイス事業で提携する2社の株価は「Miitomo(ミートモ)」の発表後、急降下

ゲームアプリとはまた別の分野で活躍する任天堂IPも面白そうではありますが、2017年3月末までに発表予定の残り4本の中に1本でも本格的なゲームアプリが含まれていることに期待したいです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPad

2018/10/15
iPad版「Photoshop CC」がついに2019年に登場。PC版との同期機能も

iPhone XR

2018/10/15
「iPhone XR」の価格・料金を比較。最も安いキャリアは?

au

2018/10/15
au、iPhone XRの価格を発表。64GBが98,400円から

iPhoneの小ワザ、裏ワザ

2018/10/15
「AirDrop痴漢」の被害にあわないための設定方法を解説
Recommendこんな記事も読まれています