bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Pixel 4、レーダチップ内蔵で“空中ジェスチャ”に対応か

Pixelの噂・最新情報

Pixel 4、レーダチップ内蔵で“空中ジェスチャ”に対応か

図面を元に作成されたレンダー画像が公開された「Pixel 4」

シリーズ初のマルチカメラや3D顔認証に対応する可能性があるが、画面に触れず空中でのジャスチャーを認識して様々な操作が可能になるかもしれない。

空中ジェスチャで音楽操作や画面ロックの解除が可能に?

9to5Googleによると、2019年に「Project Soli」に対応した製品が登場する可能性があるようだ。その製品は今年秋に発表されるであろうGoogleのスマートフォン「Pixel 4」シリーズになるという。

「Project Soli」は、Google I/O 2015で発表されたプロジェクト。波形を出力し、物体に当たって跳ね返ってきた波形を解析するレーダーチップを内蔵することで指の繊細な動きを認識することができる。これまで空中で描いたジェスチャーはスマートフォンなどのカメラによって認識されていたが、レーダーを利用することで細かな動きも判別できるそうだ。

レーダーでジェスチャを認識・解析

当時紹介された利用シーンは、小さなディスプレイを指で扱うことが難しいスマートウォッチに内蔵することで竜頭を回すようなジェスチャーで地図をスクロールしたり、メディアプレイヤーでは音量を調整したり、タブレットで起動したペイントアプリにおいてはスライダーをつまむようなジェスチャーでカラーやブラシの大きさを調整していた。

スマートウォッチ、空中ジェスチャで竜頭操作空中ジェスチャでメディアプレイヤーの操作
ラジオ、空中ジェスチャで選曲タブレット、空中ジェスチャでツール操作

あれから4年が経過。Soliが「Pixel 4」に何をもたらすのかはベータ版「Android 10 Q」からヒントが得られるようだ。

XDA developersによれば、ベータ版のAndroid Qから新しいジェスチャーとして「スキップ」と「サイレンス」が開発されていることが確認できたそうだ。両ジェスチャーは不完全であるため実際に操作することはできず、既存のPixelシリーズには存在していないAwareセンサーも必要になるという。

設定画面にはAwareに関連するものがいくつか追加され、ステータスバーやアンビエントディスプレイ、ロック画面向けのインターフェースも存在しているとのこと。

これらのことから空中ジェスチャをサポートするであろう「Pixel 4」では音楽をコントロールしたり、ジェスチャで画面ロックを解除できる可能性があるようだ。これから発売時期に向かっていくに連れ、より多くのことが明らかになるはずだ。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Watch

2019/08/17
新型Apple Watch、セラミックケース復活。新素材のチタニウムケースも登場か

Apple Watch

2019/08/17
Apple Watch Series 5、9月に発表か

Apple Pay

2019/08/16
20%現金還元、JCBがキャンペーン開始。Apple PayとGoogle Payで

HomePod

2019/08/16
「HomePod」の日本発売日は8月23日。きょうから予約開始
Recommendこんな記事も読まれています