bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

携帯料金、今秋から違約金1000円・端末値引きは2万円までに規制へ

ニュース

携帯料金、今秋から違約金1000円・端末値引きは2万円までに規制へ

6月18日、総務省で「モバイル市場の競争環境に関する研究会」が開催され、今年秋から2年契約の料金プランを途中で解約した際に必要な違約金を9,500円から1,000円に値下げするなど改正案を取りまとめた。

2年縛りのプラン値上げへ。端末割引に抜け道も

今回の改正案に盛り込まれた内容は以下の3つ。今年秋から適用される予定だ。

違約金の値下げで秋参入の楽天に追い風

2年契約を途中で解約した場合の違約金を9,500円から1,000円に値下げすることで競争を促す。今年秋には楽天モバイルが第4のキャリアとして新規参入する予定。違約金の大幅な値下げは楽天にとって追い風になる。

違約金を値下げすることで2年契約あり/なしプランの価格差を月額170円以下に規制する。ドコモとauは新料金プランを発表したばかりだが、料金変更は避けられない状況だ。

なお、2年契約によってドコモは月額1,500円、auは月額1,000円または2,000円、ソフトバンクは月額2,700円の値下げをしている。例えばドコモのギガホは2年契約ありが月額6,980円、2年契約なしが月額8,480円となっているが、規制後は2年契約ありの月額料金が1,330円値上げされる可能性がある。

5Gの普及に障害、上限2万円の割引規制

スマホや携帯端末の割引額も上限2万円に規制する。ソフトバンクの半額サポートなどは機種変更・端末の返却などを条件に端末価格を半額にしているが、規制の対象になりそうだ。

来年は5Gが本格的にスタートする。2020年発売のiPhoneも5Gに対応すると報じられるなど、多くの5Gスマートフォンが多く登場するはずだが、当然、機種代金は高額になるが、上限2万円の期制は追い打ちになる。

ただ抜け道がないわけでもない。ドコモは今夏発売するスマートフォンの割引を薄くするかわりに端末価格を安くして販売している。ソフトバンクやauも同じような手法を取るのではないだろうか。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/07/19
Apple丸の内、東京駅南口に年内オープンか

スマホのアクセサリ・グッズ

2019/07/19
Powerbeats Pro、ブラックカラー以外の発売日は8月以降に

Android

2019/07/19
Google翻訳、コピペ不要の文字認識による翻訳機能に対応か

Pixelの噂・最新情報

2019/07/19
Pixel 4、メモリの容量は念願の6GB搭載か
Recommendこんな記事も読まれています