Twitter、サブスクを月額8ドルに値上げ。広告半減、検索の優先表示など新機能も

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/11/02 7:30

Twitter、サブスクを月額8ドルに値上げ。広告半減、検索の優先表示など新機能も

日本時間2日、Twitterのオーナーとなったイーロンマスクがサブスクリプションサービス「Twitter Blue」の大幅な改訂を発表しました。

改訂には料金の値上げと多数の新機能の追加が含まれています。

サブスク加入で公式マーク/認証バッジの付与も示唆

イーロンマスクは現在4.99ドルで提供している月額制のサブスクリプションサービス「Twitter Blue」を8ドルに値上げすると自身のTwitterアカウントで発表しました。

1ドル150円で計算した場合、日本円で約1,200円となりますが、実際の料金は商品の価格を基準に料金を決定する購買力平価によって変わるとのこと。

現在、Twitter Blueに加入すると、ツイートの取り消し、ブックマークのフォルダ管理、アプリアイコンのカスタム、ナビゲーションバーのカスタムなどの機能を利用できます。

これら既存の機能に加えて、広告量を半分に減らせる機能やスパムを撃退するために有効なリプライ、メンション、ツイートの検索にてツイートが優先表示される権利、長時間の動画と音楽のツイートが可能になるとのこと。

当然ながらスパムやボットアカウントがTwitter Blueに登録することも考えられますが、その場合はアカウントを停止すると説明しています。

さらに、Twitterと協力するメディアの有料記事を無料で読むことも可能なり、メディアはTwitterから収益を得られるとのこと。

先日報じられたとおり、Twitterの公式マークと言われる著名人のアカウントなど、世間の興味関心を集めるアカウントが本物であることを示す「ブルーの認証済みバッジ」も付与されることが示唆されています。

すでにバッジを取得済みのアカウントが対象外なのか、それとも加入しない場合はバッジが剥奪されるのか、など詳細は不明。

また、値上げおよび新機能の提供時期についても明らかにされていません。

日本ではTwitter Blueが提供されていないことから、まずは日本でも加入できるようにならない限り、今回発表された魅力的な新機能を利用することもできません。イーロンマスクにはTwitter Blueの提供地域拡大もお願いしたいところです。

話題の流れ
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています