Twitter、リツイートの仕様が元に戻る。70%が25文字未満など引用効果なしと判断

bio
Yusuke Sakakura

Twitter、リツイートの仕様が元に戻る。70%が25文字未満など引用効果なしと判断

12月17日、Twitterがリツイートの仕様を以前の動作に戻したことを発表した。

Twitterは米大統領選挙を受けて10月からリツイートの仕様を一時的に変更し、リツイートボタンを押すと一律、引用ツイートと同じ動作をすることで、自分の意見を追加したり、リツイートに値するものかなど投稿を拡散するまでに考える時間を設けていた。

リツイートと引用ツイートの選択が可能に

10月からリツイートボタンを押すと、投稿画面が表示されて何も書き加えずにツイートするとリツイートに、自分の意見などを書き加えると引用ツイートになる仕様だったが、12月17日からリツイートの仕様が元に戻ったことで、リツイートボタンを押すと「リツイート」または「引用ツイート」を選び、リツイートを押した場合は即座にタイムラインに投稿される。

米大統領選挙期間中の特別仕様は20日から短くとも11月上旬まで全世界のユーザーを対象に実施するとし、効果を評価して継続的に導入するか判断するとしていたが、本日で終了した。

なお、Twitterはリツイート仕様の変更で引用ツイートの利用は増加したものの、45%は単語のみで70%は25文字未満で効果は現れなかったとしている。また、引用ツイート自体は増えたものの、以前のリツイートと引用ツイートの合計数から20%も減少したそうだ。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています