Twitter、24時間で消える「フリート」が廃止。理由は“ツイ廃”ばかりが使っていたから

bio
Yusuke Sakakura

Twitter、24時間で消える「フリート」が廃止。理由は“ツイ廃”ばかりが使っていたから

Twitterが投稿から24時間で自動的に消去される「フリート」を8月4日に削除することを発表した。

フリートは昨年11月に追加された機能でSnapchat原案のインスタグラムのストーリーズをコピーしたもの。リツイートやいいねの数を気にすることなく気軽に投稿できる機能として注目されたが1年足らずで廃止される。

フリート廃止後は「スペース」の表示エリアに

Twitterはフリートによってユーザーが気軽に会話に参加できるようになると予想していたが、実際は最もツイートする人がフリート機能を使ってさらに投稿する機会を増やしていたとのこと。フリートによって会話に参加するようになった人は思うように増えなかったと報告している。

つまり、タイムラインを専有しがちな人が画面上部に表示されるフリートも専有していたことになる。

8月に廃止されることが発表された「フリート」

8月に廃止されることが発表された「フリート」

確かに自分のTwitterでもフリートが表示されるのはいつも同じ人でタイムラインでもよくツイートを見る人だった。ただ、これはTwitterに限った話ではなくインスタグラムのストーリーズでも変わらないため最初からある程度想像できた現象だった気もする。

今後もタイムラインの一番上に表示されるエリアは今起きていることを強調するために最適な場所であるとし、今後はボイスチャット機能「スペース」が表示されるとのこと。

UPDATE:2021/08/04 02:28フリートが正式に廃止されました。END OF UPDATE

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています