bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Twitter、30秒の動画投稿とグループダイレクトメッセージ機能に対応!使い方を解説!

Twitterの使い方

Twitter、30秒の動画投稿とグループダイレクトメッセージ機能に対応!使い方を解説!

先日、翻訳機能が正式提供されたばかりのTwitter公式アプリですが、新たな2つの新機能が追加されました。1つは30秒の動画投稿機能、2つ目はグループDM(ダイレクトメッセージ)機能です。現在は一部のユーザーが利用することができ、全ユーザーが順次使えるようになります。

Twitter:動画投稿機能の使い方

これまでTwitterには動画の投稿機能がありませんでしたが、ようやく追加されました。動画を投稿するにはTwitterの公式アプリを最新版にアップデートして、ツイート画面でカメラを選択。

Twitter:動画投稿機能の使い方:カメラを選択

カメラが起動するので、左下にある動画のアイコンをタップすると動画モードに切り替わります。

Twitter:動画投稿機能の使い方:動画のアイコンをタップ

動画の撮影後は、ドラッグ&ドロップによってトリミングなどの編集もすることができます。また、既に撮影した動画を投稿することも可能ですが、Android版は後日対応とのことです。

Twitter:グループダイレクトメッセージの使い方とグループの招待ルール

グループダイレクトメッセージ機能は、いつもどおりDMのアイコンをタップしてスタートします。

Twitter:動画投稿機能の使い方:ダイレクトメッセージのアイコンをタップする

違うのはDMを送る人を複数指定するということだけ。20人まで指定することができます。

Twitter:動画投稿機能の使い方:複数人を指定してグループを作成

あとは、いつもどおりDMを送るだけで複数のアカウントに一気にメッセージを送ることができます。

Twitter:動画投稿機能の使い方:いつもどおりDMを送るだけ

かなりシンプルなので使いやすくなっていますが、グループに誰を招待できるのか、招待できないのかというのが少しややこしくなっています。

1対1のDMでは、フォローし合わないとメッセージを送ることができませんでしたが、グループDMの場合は、グループに参加している人のうち、誰か1人がフォローしていれば招待することができます。もちろん、全員のメッセージを見ることもできます。

ただ、招待しようとしている人をグループ内の誰かがブロックしていると、その人をグループに招待することができません。

サードパーティのTwitterクライアントへの公開はあるか

これらの機能が追加されたのは、Twitterの公式アプリとウェブ版のTwitter、そしてTweetDeckとなっています。Twitterのヘルプには「など」と記載されており、これらの機能がサードパーティーのTwitterアプリ・クライアントでも利用できるのかは今のところわかっていません。

特に注目を集めているグループダイレクトメッセージ機能ですが、これまでは複数人にメッセージを送るには、メンションを使う方法しかありませんでしたが、その場合、メッセージが他のアカウントから見られてしまうこと、タイムラインに表示されてしまうことに嫌悪感を抱いた人も少なからずいるはず。グループDM機能によってそういったことも減るかもしれませんね。

また、グループメッセージでは絵文字が使えるとアピールされていますが、それだけではやっぱりショボi・・・じゃなくて寂しい・・・。これを機にTwitterでもスタンプなどのバラエティ機能が利用できるようになる可能性もあるような気がしますが、どうでしょうか。今後の動きにも注目したいと思います。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

SIM関係

2020/10/21
総務省、eSIM普及で携帯料金値下げか。値下げ効果に大きな疑問

iPhone 12

2020/10/21
iPhone 12 Pro/Maxのバッテリー容量も判明

iOS 14

2020/10/21
iOS 14.1が公開。ウィジェットなど多数の不具合が修正

iPhone 12

2020/10/20
iPhone 12、画面割れの修理費用は3万円
Recommendこんな記事も読まれています