Twitterのパスワードを変更する方法。忘れた時やアカウントの乗っ取り防止に

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/11/14 23:48

Twitterのパスワードを変更する方法。忘れた時やアカウントの乗っ取り防止に

パスワードの使い回しや他人から推測されやすいパスワードに設定したことが原因でTwitterのアカウントを乗っ取られてしまう被害が継続的に発生しています。

また、Twitterでは2018年5月に不具合の影響でパスワードを暗号化しないまま内部ログに出力・保存していたことを明かし(パスワードの外部流出や不正利用の報告はなし)、すべてのユーザーにパスワードを変更するように呼びかけていました。

アカウントの乗っ取りを防ぐためにパスワードを使いまわしていた人はもちろん、これを機に他人に推測されにくい強固なパスワードに変更しておきましょう。

この記事ではTwitterのパスワードを変更する方法を解説します。

目次

Twitterのパスワードを変更する

スマホからパスワードを変更する

STEP 1
設定メニューを表示

Twitterを起動して画面左上のプロフィールアイコンをタップして設定メニューを表示します

iPhone 14 ProTwitterを起動して画面左上のプロフィールアイコンをタップして設定メニューを表示します
STEP 2
設定とプライバシーに進む

「設定とサポート」をタップして「設定とプライバシー」に進みましょう

iPhone 14 Pro
STEP 3
アカウントに進む

「アカウント」をタップします

iPhone 14 Pro
STEP 4
パスワードに進む

「パスワードを変更する」をタップします

iPhone 14 Pro
STEP 5
パスワードの入力

現在と変更後のパスワードを入力して「完了」をタップしたら完了です

iPhone 14 Pro

Mac/Windows PCでパスワードを変更する

STEP 1
設定画面を表示

画面左側のメニューから「もっと見る」をクリックします

画面左側のメニューから「もっと見る」をクリックします

STEP 2
設定とプライバシーに進む

「設定とサポート」をクリックして「設定とプライバシー」に進みましょう

STEP 3
パスワードに進む

「アカウント」内にある「パスワードを変更する」をクリックします

STEP 4
パスワードの入力

現在と変更後のパスワードを入力して「完了」をタップしたら完了です

万が一パスワードが漏れても乗っ取られない「2段階認証」

Twitterでは、Facebookやインスタグラムと同じようにパスワードが万が一漏れたり、他人にバレてもアカウントを乗っ取られない「2段階認証」を利用・設定することができます。

「2段階認証」をオンにすると、ログイン時に電話番号/メールアドレス/ユーザー名とパスワードに加えて自分しか知り得ない「認証コード」の入力が求められるため、パスワードを入力しまくって無理やりログインしようとする「ブルートフォースアタック」やパスワードの流出によるアカウントの乗っ取りにも非常に強くなります。Twitterでの2段階認証の設定方法は以下の記事で詳しく解説しています。

推測されにくい強力なパスワードを作る方法

パスワードの3原則は「推測されにくい」「忘れない」「使い回さない」です。

ただ、Twitter、Facebook、Instagram、LINE、Amazonなど数えきれないほどのサービスがあるなかで推測されにくい強力なパスワードを自分で考え、使い回すことなく覚えているのは不可能なのでTwitterも推奨しているパスワード管理アプリを使用しましょう。

パスワード管理アプリにはいくつか種類がありますがオススメは「1Password」。強力なパスワードの生成はもちろん、パスワードの自動入力も可能。iOS、Android、Mac、Windowsなど複数のOSをサポートしているので今後利用するスマートフォンやPCが変わっても使い続けられます。1Passwordの使い方は以下の記事で詳しく解説しています。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています