Twitter、最大140秒の音声ツイートが可能に

bio
Yusuke Sakakura

Twitter、最大140秒の音声ツイートが可能に

6月18日、Twitterがツイート時に最大140秒間の音声を投稿できる新機能を発表した。

まずはiOS版Twitter公式アプリにて一部のユーザー向けに提供されている。iOS版では今後数週間のうちにすべてのユーザーが利用可能になる。Android版Twitter公式アプリの提供時期は明らかにされていない。

波形ボタンをタップして音声ツイートを投稿

音声ツイートを投稿するには、新規ツイート画面にて波形ボタンをタップ後、マイクボタンをタップして音声を録音できる。もういちどマイクボタンをタップして録音を停止した後、完了ボタンを押すと投稿される。

タイムラインにはプロフィールアイコンと“Voice”の文字がプリントされた画像と共に投稿が表示され、再生ボタンをタップすると音声が再生される。iOS版では画面移動することなくタイムラインをスクロールしながらでも音声を聴くことが可能。なお、投稿された音声が140秒を超えた場合はスレッド式でツイートが表示される。

Twitterは音声ツイート機能に関して「280文字(日本では140文字)では十分に伝わらないことがあり、一部の会話では翻訳によってニュアンスが失われることがある。そのため、Twitterを使うにあたって、より人間味が感じられる方法をテストしている」とコメントしている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています