bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 携帯電話の契約時に免許証などを照会へ。
  • 携帯電話の契約時に免許証などを紹介へ。
    NTTドコモやKDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、ウィルコムの携帯電話・PHS事業社は、契約時に本人確認のために提示される運転免許証を警察に紹介したり、個人名義で契約できる回線数を5回線に制限するなどの自主規制ルールを設けるようです。

    自主規制が設けられた理由としては、携帯電話やPHSの契約時に本人確認の約7割に使用されている運転免許証の偽造が横行し、1つの偽造免許証で数十回線を契約できるというルールが振り込め詐欺を行いやすくさせていたため。

    こういった取り組みはどんどんやっていくべきですね。

    契約時に免許証を照会 携帯各社、防犯へ新ルール導入:モバイルチャンネル – CNET Japan

    同一名義による回線数を10回線から5回線に減少させるようですが、これでもちょっと多い気がしないでもないですね。子供など未成年に携帯電話を持たせる場合は親名義で持たせることが多く、複数回線契約する人は5回線では少ないという方もいるため難しい問題なんですが、5回線では10回線とあまり変わらない気がします。

    有効な防犯利用対策となるのはやはり運転免許証の照会ですね。これらの対策により振り込み詐欺が減少して欲しいです。
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    2件のコメント
    • ケータイ研究者
      No.4529

      回戦ではなく回線なのでは?

    • 匿名
      No.4530

      振り込め詐欺ね。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー