bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

2014-05-13 10:13:09
  • トップページ
  • Twitterの使い方
  • 【Twitter】ミュートとブロックの違いと設定方法
  • 【Twitter】ミュートとブロックの違いと設定方法
    Twitterに新機能「ミュート」が追加されました!

    これまでTwitterでは同じようなフィルタリング機能として「ブロック」が用意されていましたが、今回は新たに追加されたミュートとブロックの違いとそれぞれの設定方法を紹介します!

    Twitterにおけるミュートとブロックの違い

    ミュートとブロックの違いをわかりやすく表にしてみました。
    ミュートブロック
    相手がミュートまたはブロックされたことがわかるか
    タイムラインへの表示
    ミュート相手からの返信
    ミュート相手からのお気に入り
    ミュート相手からのリツイート
    フォローの強制解除
    ミュートまたはブロックした相手のフォロー
    リストへの追加

    ブロックの場合は、ブロックした相手が自分のツイートに返信したり、リツイートしたり、ツイートをお気に入りに入れようとしても拒否されるため、相手にブロックしたことがわかってしまうので気軽に利用することができませんでした。

    ミュートの場合は、ミュートした相手が自分のツイートに返信、リツイート、お気に入り、それぞれが可能(ミュートした相手からの反応は通知タブに表示される)なので、相手にミュートしたことが伝わらないのでもう少し気軽に利用することができるかと思います。

    ブロックする方法、ブロックを解除する方法

    ウェブサイトからブロックするには相手のアイコンをクリックして歯車のアイコンをクリックしたあと「ブロックまたはスパム報告」を選びます。


    その後、ブロックしたい理由を選んで「ブロック」を選べばブロックが完了します。


    ブロック後はフォローボタンが「ブロック中」に変更されますよ。


    ブロックを解除したい場合は「ブロック中」をタップしましょう。

    iPhoneの公式アプリからブロックする場合は、ブロックしたい相手のツイートをタップして「・・・」をタップしたあと、「ツイートを報告する」を選びます。


    1番下の「~さんをブロック」を選んだあと「送信する」をタップするとブロックが完了します。

    ブロック後は、ブロックした相手のアカウント名の横にブロックアイコンが表示されます。

    Androidの公式アプリからブロックする場合は、相手のツイートをタップしてメニューキーまたはメニューアイコンをタップしたあと、「ツイートを報告する」を選びます。

    「アカウントをブロックする」を選んで「送信」ボタンをタップすると、ブロックが完了します。

    iOSもAndroidもプロフィールからブロックする場合は、歯車アイコンをタップしたあと「ブロック」を選択すると、ブロックすることができますよ。


    ブロックを解除する場合は、相手のツイート画面からブロックアイコンをタップ後、「ブロックを解除する」を選ぶか、

    プロフィール画面からブロックを解除する場合は、「ブロック中」または「ブロック済み」ボタンをタップするとブロックの解除ができます。

    ミュートする方法、ミュートを解除する方法

    ミュート機能は2014年5月13日に追加された機能で13日から順次利用可能になるため、追加当初はミュート機能を使える人と使えない人がいます。

    スマートフォンの公式アプリとTwitterのウェブサイトからミュート機能を利用できますが、ウェブサイトの方が利用できるタイミングが早いようなので公式アプリから利用できない場合はウェブサイトから設定しましょう。

    ミュートする場合は、まずミュートしたい相手のプロフィールを表示して歯車アイコンをクリックしましょう。


    メニューが表示されるので、「@~さんをミュート」を選べばミュートは完了です。


    プロフィール画面以外にもアカウントタブのフォロー画面からも同じようにしてミュート機能を利用することができますよ。


    ミュートした相手のアカウントには赤色の拡声器アイコンが表示されることになります。

    ミュートを解除する場合は、赤色の拡声器アイコンをクリックするとミュートの解除が可能です。

    スマートフォンの公式Twitterアプリの場合は、プロフィールを表示したあと歯車のアイコンをタップして「@~さんをミュート」を選ぶか、ミュートしたい相手のツイートを表示して「@~さんをミュート」を選びましょう。
    Photo By Twitter

    ブロックとミュートをうまく使い分けるにはどうしたら良いのか

    ブロックはミュートよりも相手を遠ざけることができますが、相手にブロックしたことが伝わってしまうので、ある程度繋がりのある相手の場合はミュートを使う方が良いかと思います。

    あとは、フォローしてみたは良いものの、ツイート数があまりにも多かったり、不平不満ばっかりつぶやいてて良い気がしなかったりしてフォローを解除しようと思ったら、相手からもフォローされたという時にはなんとなくフォローを解除するのが気まずくなりますが、そんなときにはミュート機能を使うのが良いかもしれませんね。
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    Twitterの使い方の人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー