bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • ニュース
  • 総務省、奨励金を見直すよう事業者各社に要請。
  • 総務省は、9月21日に携帯電話事業者など5社に携帯電話の端末価格と通話料金の区別を明確にするように要請しました。

    今回、要請を受けたのはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、ウィルコムの5社。

    先日のモバイルビジネス研究会でどちらも議題に挙がっていましたね。

    5社のコメントは続きよりどうぞ。

    RBB TODAYの「総務省、携帯・PHSの端末奨励金を見直す要請――キャリア5社のコメント(ブロードバンド情報サイト) 」によると、5社は以下のようにコメントしているようです。

    ■NTTドコモ
    どちらもおおむね賛同。
    時代に即した料金プランを提供していきたい。

    ■KDDI
    顧客の満足度向上の面から料金は、提供できる選択肢を増やすという意味で前向きに検討していく。

    ■ソフトバンク
    当社はすでに割賦プランなどを先行導入している。
    今回の要請に対する具体的な対応は経営判断に基づいて検討していく。

    ■イー・モバイル
    当社も契約期間によって端末価格が変わるなど、区分を明確にしたプランに取り組んでいる。

    ■ウィルコム
    音声定額やリーズナブルな割賦方式など、これまでの企業努力の延長として、市場、ユーザーの声、キャリア、代理店、メーカなどすべてのプレイヤーに最適な対応をしていきたい。

    各キャリアの回答は様々

    NTTドコモとウィルコムは「賛同する」や「最適な対応をしていきたい」と総務省の要請に賛成し、対応するというコメントをしていますが、KDDI、ソフトバンクモバイルは「選択肢を増やすという意味で」や「経営判断に基づいて検討」や前置きを置いて検討するとしています。

    これにより「0円携帯」と「インセンティブモデル」が姿を消すことになりそうです。ドコモショップなどの各キャリアの携帯電話販売会社は大丈夫なのでしょうか?
    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    ニュースの人気エントリー
    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー