bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

次世代PHS(じせだいピーエイチエス)

次世代PHSとは、ウィルコムが現代のPHSの特徴(通話品質が良いなど)をそのままにデータ通信速度を格段に向上させたPHS規格です。

ちなみに、現代のPHSのデータ通信速度は下り最大約400kbpsですが、次世代PHSは、上り下りともに20Mbpsと値が大きく上回っています。
次世代PHSの歴史

2005年09月:ウィルコム、「次世代PHS」において実験局免許を申請。
      上り下りともにデータ通信速度を20Mbpsという設定に。
2005年11月:ウィルコム、実権予備免許の交付を受ける。
2006年08月:ウィルコム、2.5GHz帯における実験局免許を取得。
2006年09月:ウィルコム、データ通信速度の上り下りともに20Mbpsを達成したと発表。
2007年09月:ウィルコム、次世代PHSの実現に向けて2.5GHz帯の免許申請。
この記事も読まれてます!
Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

コメントを残す

(任意)
(任意)

携帯用語辞典の人気エントリー

まだデータがありません。

本日の人気エントリー

まだデータがありません。

今週の人気エントリー