Super 3Gとは

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:23

Super 3Gとは

Super 3G(スーパー3G)

Super 3Gとは、次世代高速通信規格となっており、3Gから4Gへスムーズに移行するための3.9Gとして位置づけられています。

NTTドコモでは2007年7月14日より「Super 3G」の実証実験を行っており、最終的には下り300Mbps、上り50Mbpsと、FOMAの約780倍、HSDPAの約41.5倍~83倍という通信速度を実現する予定です。
現在、最も普及しているW-CDMAの通信最大速度は上り384kbps、下り384kbpsでドコモの905iシリーズで標準搭載されるHSDPAはその名の通り下り方向の通信速度を向上させたもので、通信速度は下り最大3.6Mbpsです。「Super 3G」は 、これらの次世代通信規格となっています。

下り300Mbpsといった通信速度を利用した映画がまるまる一本配信される可能性もあり、登場が期待されています。

なお、NTTドコモでは2009年には開発を完了し、2010年以降には実用化する予定です。

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています