bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

ユニバーサル料、ユニバーサル制度とは。

携帯用語辞典

ユニバーサル料、ユニバーサル制度とは。

ユニバーサル料、ユニバーサル制度

毎月、携帯電話料金の請求に「ユニバーサル料」として7円(2008年1月から月額6円)を全ユーザーが支払っているわけですが、「ユニバーサル料」や「ユニバーサル制度」とは何のために払う料金なのか何のための制度なのでしょうか?
ユニバーサル制度とは

「ユニバーサル制度」とは、NTT東日本、西日本が提供している公衆電話、緊急通報などの生活に必要不可欠なユニバーサルサービスを日本全国で公平かつ安定的に利用可能な環境を確保するために必要な費用を電話会社全体で(ユーザーが利用になるサービス費用の一部となることから、ユーザーがキャリアに支払う料金の一部によって賄われる。)負担する制度です。

ユニバーサル料とは

「ユニバーサル料」とは、ユーザーが利用する電話番号の数に応じて1番号あたり月額7円(2008年1月から6円)を各キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、ウィルコム)に支払うものです。

さらに詳しい事項は以下にあります。
FAQ | SoftBank

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

NTTドコモ

2020/09/29
ドコモ完全子会社化で携帯料金の「値下げの余力が出てくる」と発言

NTTドコモ

2020/09/29
NTT、ドコモの完全子会社化を正式発表。年度内の完了を目指す

Android

2020/09/29
Google、Netflixなど独自課金による“Google税逃れ”を規制へ。猶予は1年間

iPhoneの噂・最新情報

2020/09/29
iPhone 12、5.4インチの“mini”は間もなく業者向けに出荷開始か
Recommendこんな記事も読まれています