bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

WiMAX、KDDIとウィルコムが免許取得濃厚。

ニュース

WiMAX、KDDIとウィルコムが免許取得濃厚。

11月14日に「KDDIがWiMAXの免許取得当確か。」とお伝えしましたが、残るもう一枠はウィルコムが免許取得する可能性が高いようです。

現在、NTTドコモやアッカばどが設立したアッカ・ワイヤレス、KDDIやインテルや京セラなどのワイヤレスブロードバンド、ソフトバンクやイー・アクセスなどのオープンワイヤレスネットワーク、そしてウィルコムが単独でWiMAXの免許が与えられる2枠を争っています。

やはり日本発の次世代PHSは総務省の目を引くようです。

NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース-各分野の重要ニュースを掲載
この記事によると、KDDIとウィルコムに免許を割り当てる可能性が高いとの事。

ウィルコムでは、2.5GHz帯を利用して「次世代PHS」を提供する予定。次世代PHSは、現行のPHSのデータ通信速度である下り最大約400kbpsを上り下りともに20Mbpsまで引き上げることが可能なサービスです。

データ通信量が多いスマートフォンでシェアナンバー1を誇っているウィルコムには次世代PHSを是非実現してもらいたいですね。現在の通信速度では携帯から変えたくても変えられないという人が結構いると思いますし。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

スマホアプリ

2020/08/05
Uber Eats、月額980円のサブスクを日本で提供か

PayPay

2020/08/05
最大40%還元、PayPayにて花王商品の購入で

Surface

2020/08/05
Surface Duo、技適を通過。日本でも発売へ

Android

2020/08/05
Google、Android版AirDrop「Nearby Share」を正式提供
Recommendこんな記事も読まれています