bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

AndroidでGPS精度を劇的に改善する方法

Androidの小ワザ、裏ワザ

Androidで地図アプリやポケモンGOなど、GPSによる現在地情報を利用するアプリを利用していると、現在地とまったく違う場所が地図上に表示されたり、微妙に違う場所が表示されてしまう経験は多いと思います。

iPhoneと比べても現在地の精度が悪く、ポケモンGOを始めると共にAndroidからiPhoneに買い替えを検討する人も多いようです。

実はAndroidではGPSの精度が段階的にわけられていて購入当初は電池持ちを考慮して低い精度に設定にされていることがほとんどです。この記事では、GPSの設定を変更して精度を劇的に改善する方法を紹介します。

AndroidのGPS精度は3段階

Androidで取得できる位置情報の精度は「高精度」「バッテリー節約/電池節約」「端末のみ/機器のみ」の3段階が用意されています。

「高精度」は、GPS/Wi-Fi/Bluetooth/モバイルネットワークのすべてを利用して現在地を取得するため、最も精度が高く、バッテリーも多く消費します。
「バッテリー節約」または「電池節約」は、Wi-Fi/Bluetooth/モバイルネットワークを利用して現在地を取得するものの、GPSを利用しないため精度が高くないことがあります。
「端末のみ」または「機器のみ」は、GPSのみを利用します。ほとんどのスマートフォンにおいて購入直後は「バッテリー節約/電池節約」「端末のみ/機器のみ」に設定されています。

精度速度電池消費
高精度×
バッテリー節約/電池節約
端末のみ/機器のみ×

GPSの現在地取得は時間がかかる

GPSは人工衛星から衛星の位置と位置情報を取得した時間を受信してスマートフォンで現在地を算出するシステムです。ただし、衛星と情報をやりとりするには時間がかかります。カーナビや地図アプリを利用していて現在地が表示されないとストレスになりますよね。そこで待ち時間を短縮するために利用されるのがWi-FiやBluetooth、モバイルネットワークです。

AndroidのGPS精度が悪い理由
GPSのみ利用すると、現在地をより早く、正確に表示するようメッセージが表示される

Wi-Fiやモバイルネットワークを利用することで、現在地の取得時間を短縮するシステムやサービスには「A-GPS」や「Google位置情報サービス」があります。

「A-GPS」はモバイルネットワークを利用することで、スマートフォンとGPS衛星が直接やりとりせずに短時間で現在地を割り出すもの。「Google位置情報サービス」はWi-Fiのアクセスポイント名や電波状況を元に現在地を短時間で割り出すサービスです。

電池消費が早くても「高精度」を選ぶべき理由

こういったGPSを補助するサービスが「端末のみ」または「機器のみ」では利用できないため、現在地が表示されるまでに時間がかかってストレスを感じます。また、GPSを利用しないバッテリー節約/電池節約では高い精度で現在地を割り出せません。

スマートフォンを紛失した時に現在地情報から探せるサービスを利用しますが、正しい現在地が取得できないと探すのは非常に困難になります。また、ポケモンGOでは「高精度」以外に設定すると“GPSの信号をさがしています”と表示されるためプレイすることができません。

これらのことからAndroidの位置情報はバッテリーを消費しても「高精度」に設定しておくことをオススメします。

GPS精度を劇的に改善する方法

「Android 4.3 JellyBean」以下の設定方法

OSのバージョンがAndroid 4.3 JellyBeanのスマートフォンとタブレットは、「高精度」「バッテリー節約/電池節約」「端末のみ/機器のみ」の3段階ではなく、Wi-Fiやモバイルネットワークを利用する「無線ネットワークを使用」とGPSを利用する「GPS機能を使用」にチェックを入れるオプション形式になっています。

設定を変更するには、設定から「現在地情報とセキュリティ」に進んでGPS精度のオプションをチェックします。

GPS精度を劇的に改善する方法 - 「Android 4.3 JellyBean」以下の設定方法 GPS精度を劇的に改善する方法 - 「Android 4.3 JellyBean」以下の設定方法
設定画面の「現在地情報とセキュリティ」でGPS精度を変更できる

なお、「無線ネットワークを使用」をオンにすると位置情報がグーグルのサーバに匿名化された状態で送信されます。送信された情報はGoogle位置情報サービスで活用されるので個人の判断で利用してください。

「Android 4.4 KitKat」以降の設定方法

Android 4.4 KitKatでは、先に説明したとおり、精度・速度・電池の消耗などが異なる「高精度」「バッテリー節約/電池節約」「端末のみ/機器のみ」の3段階の項目が用意されています。

設定から「位置情報」に進んで「モード」を選びます。3つの項目から位置情報モードを選択します。

GPS精度を劇的に改善する方法 - 「Android 4.4 KitKat」以降の設定方法 GPS精度を劇的に改善する方法 - 「Android 4.4 KitKat」以降の設定方法
設定画面の「位置情報」→「モード」でGPS精度を変更できる

なお、「端末のみ/機器のみ」以外を選択すると位置情報がグーグルのサーバに匿名化された状態で送信されます。送信された情報はGoogle位置情報サービスで活用されるので個人の判断で利用してください。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2018/11/15
ソフトバンク、上下の“ダブルノッチ”搭載のコンパクトスマホ「AQUOS R2 Compact」を発売

Pixelの噂・最新情報

2018/11/15
ついに登場。Pixel 3に夜間モード「Night Sight」追加で驚異的な夜景撮影が可能に

Googleニュース

2018/11/14
Google、App Storeの手数料30%を上乗せして「YouTube Premium」を提供

YouTube系

2018/11/14
Spotify対抗、広告付きなら無料で音楽聴き放題の「YouTube Music」登場
Recommendこんな記事も読まれています