bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Nexus 4に非公式のAndroid Lをインストールする方法

Androidの小ワザ、裏ワザ
Nexus 4に非公式のAndroid Lをインストールする方法
先月Googleから発表された「Android L」ですが、正式リリース日などは発表されておらず、今のところNexus 5とNexus 7(2013)のWi-Fiモデルの2機種のみDeveloper Preview版を利用することができます。

ところが、開発者コミュニティサイトXDA DevelopersのユーザーによってDeveloper Preview版がNexus 4に移植され、Nexus 4でもAndroid Lを利用できるようになったのでインストール方法を画像付きで紹介したいと思います。

Nexus 4にAndroid L Developer Previewをインストールする際の注意点

今回、紹介するのはXDA Developersのユーザーによって作成されたAndroid L Developer Previewの移植版をインストールする方法であってGoogleが公式に配信しているものではありません。

また、Developer Preview版はあくまでも開発者向けのもので、仕様は未確定であり、バグが多数存在することを前提としてインストールする必要があります。さらに、Developer Preview版のバグだけではなく、移植の際にバグが混入している可能性も十分考えられるため、日常的に使用しているNexus 4にインストールするのはオススメできません。


ちなみに、インストールするには工場出荷状態に初期化する必要があるため、事前のバックアップを忘れずに。

Nexus 4に非公式なAndroid Lをインストールする方法

まずは、Nexus 4にカスタムリカバリをインストールします。

以下のサイトにアクセスしてNexus 4のカスタムリカバリをダウンロードしてください。(Nexus 4とDownload Recoveryがクロスしているリンクをクリック)

さらに、以下のリンク先にアクセスして移植版のAndroid L Developer Previewをダウンロードしましょう。

Nexus 4のUSBデバッグをONにしたあと、PCに接続してダウンロードしたAndroid L Developer PreviewをNexus 4に転送します。Macユーザーの方はAndroid File Transferを使って転送すると良いですよ。

Windowsならコマンドプロンプト、Macならターミナルを起動して、「adb reboot bootloader」を実行します。Nexus 4のbootloaderが起動したらカスタムリカバリをインストールするために、「fastboot flash recovery カスタムリカバリのファイル名.img」を実行します。

カスタムリカバリのインストールが完了したら、「Recovery mode」を選択します。
Nexus 4にAndroid L Developer Previewをインストールー「adb reboot bootloader」を実行

リカバリモードで起動したら、「wipe data/factory reset」を選択して、Nexus 4を工場出荷状態に初期化します。
Nexus 4にAndroid L Developer Previewをインストールー工場出荷状態に初期化する

初期化が終了したら、「mounts and storage」を選択して、「format system」を実行します。
Nexus 4にAndroid L Developer Previewをインストールーシステムをフォーマットする

フォーマットが終了したら、「Go Back」→「advanced」を選択して、「wipe dalvik cache」を実行します。
Nexus 4にAndroid L Developer Previewをインストールーランタイムのキャッシュを削除

ここまできてようやく事前準備が完了です。

Android L Developer Previewをインストールするため、「Go Back」→「install zip」→「choose zip from sdcard」を選択したあと、Nexus 4に転送したファイルを選びます。
Nexus 4にAndroid L Developer PreviewをインストールーAndroid Lをインストール

インストールが完了したら、「Go Back」を選択後、「wipe cache partition」を実行します。


その後、「advanced」→「wipe dalvik cache」を実行します。


あとは、「Go Back」を選択後、「reboot system now」を実行すると、 数分〜十数分後にNexus 4が再起動します。


まだちょっとしか触ってないんですが、とりあえずこれまでのAndroidとは全く違うものになっています!何がってそれは自分でインストールしてみてからのお楽しみということで!


非公式なAndroid Lのアップデート方法

今回使用したAndroid L Developer Previewの移植版はベータ版となっており、現在は一部の機能のみ利用することができ、バグを多く含んでいます。

バグを解消するためには最新版をインストールする必要がありますが、通常の手順でインストールすると初期化されてしまうので以下の手順にしたがってアップデートしてください。


まずはこちらから最新の移植版Android L Deveroper Previewをダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、Nexus 4をPCに接続してダウンロードしたファイルを転送したのち、「adb reboot bootloader」を実行します。

bootloaderが起動したら、「Recovery mode」を選択して実行します。
Android L Developer Previewをアップデートー「adb reboot bootloader」を実行

リカバリモードで起動したら「wipe cache partition」を実行しましょう。
Android L Developer Previewをアップデートーwipe cache partitionを実行

さらに、「advanced」→「wipe dalvik cache」を実行します。
Android L Developer Previewをアップデートーランタイムのキャッシュを削除

Android L Developer Previewをインストールするため、「Go Back」→「install zip」→「choose zip from sdcard」を選択したあと、Nexus 4に転送したファイルを選びます。
Android L Developer Previewをアップデート

するとアップデートが始まります。
Android L Developer Previewをアップデート

アップデートが完了したら「Go Back」を選択後、「wipe cache partition」を実行しましょう。
Android L Developer Previewをアップデートーwipe cache partitionを実行

その後、「advanced」→「wipe dalvik cache」を実行します。
Android L Developer Previewをアップデートーランタイムのキャッシュを削除

最後に「Go Back」を選択後、「reboot system now」を実行すると最新版にアップデートされたAndroid LのNexus 4が起動します。
Android L Developer Previewをアップデートー最後に再起動してアップデートは完了

▼Android Lの新機能や変更点はこちらからどうぞ

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2018/10/16
Apple渋谷、10月26日午前8時にリニューアルオープン

Pixelの噂・最新情報

2018/10/16
ソフトバンク、Pixel 3/Pixel 3 XLの価格を発表。98,400円〜に

iPhoneの噂・最新情報

2018/10/16
2019年の新型iPhone、同じ3種類の画面サイズに。iPhone SEの後継はナシか

ニュース

2018/10/16
セブン銀行、ATMでSuica・楽天Edyなど電子マネーチャージが可能に
Recommendこんな記事も読まれています