bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

【Android】スマートフォンが起動も充電もできない時の対処方法

Androidの小ワザ、裏ワザ
【Android】スマートフォンが起動も充電もできない時の対処方法
スマートフォンが起動できない!という事象を経験した人、結構いるのではないでしょうか。僕も先日経験しまして「あーついにお亡くなりになったかー」と思っていたらあっさり解消できたのでその方法を紹介します。

対処方法その1.約10秒〜20秒ぐらい電源ボタンを押し続ける

通常であれば1秒〜3秒ぐらい電源ボタンを押していると起動しますが、それでもダメな時は約10秒〜30秒ほど電源ボタンを押し続けてください。

これで電源がつくことが結構あります。それでもダメな場合は対処方法2へどうぞ。

対処方法その2.購入時に付いてきた充電器とケーブルで充電する

対処方法その1で起動ができない場合は充電もできていないことがほとんどかと思います。

なぜ充電ができていないかというと、バッテリーが完全に空っぽになっているから。

実はスマートフォンの電源が切れる時はちょっとだけバッテリーを残して電源が切れます。これは充電器の供給する電流が低くても充電ができるようにという配慮です。

つまり、完全に空っぽになったバッテリーを充電するには、通常よりも電流が高い必要があります。

サードパーティ製のモバイルバッテリーやケーブル(特に安物)は、電流が低いものもあるので、最初から付属されている充電器とケーブルを使うと充電できると思います。

スマートフォンを買う度に充電器とケーブルが付いてくるのが無駄と思っていましたが、ちゃんとした理由があったわけですね。(販売時に同梱されていないモデルも存在するため、購入時に付属品を確認し、付属されていない場合は現在持っている充電器とケーブルが購入するモデルの仕様に合致しているかきちんと確認しておきましょう)

ちなみに、電流値があまりにも高い充電器やケーブルを使って充電するとバッテリーが消耗して持ち時間が悪くなったりするのでご注意を。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2018/10/18
au、Xperia XZ3の価格を発表。一括9.9万円、実質4.9万円に

LINE Pay

2018/10/18
LINE Pay、オリジナル決済デバイスの月額料金は1,500円・6ヶ月間は無料に。申込受付スタート

Appleニュース

2018/10/17
Apple渋谷、オープン前に巨大なイルミネーションとして姿を現す

NTTドコモ

2018/10/17
1つの電話番号をスマホと共有できる「ワンナンバーフォン」が10月下旬発売
Recommendこんな記事も読まれています