bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

有料アプリをダウンロードする前にiPhone 6 / 6 Plusに対応しているか確認する方法

iPhoneの小ワザ、裏ワザ
有料アプリをダウンロードする前にiPhone 6 / 6 Plusに対応しているか確認する方法
iPhone 6とiPhone 6 Plusでは、画面サイズだけでなく解像度も大幅にアップしました。Safariなどの純正アプリは、既に両機種の解像度に対応しており、iPhone 6 Plusでのブラウジングはめちゃくちゃ快適です。

ただ、非対応のアプリではアイコンや文字などが拡大されて表示されるため、なんとも言えない気持ち悪さを感じるんですよね・・・。

で、アプリをインストールする際に気になるのがiPhone 6 / 6 Plusに対応しているかどうかですよね。今回は、アプリをダウンロードする前にiPhone 6 / 6 Plusに対応しているか確認する方法を紹介します。

アプリをダウンロードする前にiPhone 6 / 6 Plusに対応しているか確認する方法

確認方法はとてもカンタンです。App Storeを起動してアプリのダウンロード画面にアクセスしたら、下にスクロールしましょう。

情報欄にある互換性に注目。ここに「iPhone 6およびiPhone 6 Plusに最適化されています。」と記述されていれば、両機種に対応しています。

左が非対応のアプリ、右が対応のアプリです。

有料アプリのダウンロード前には必ずチェックしておきましょう

ここ1週間でFacebookメッセンジャーやGmail、Tweetbot 3、1Passwordなどの人気アプリがiPhone 6 / 6 Plusへの対応を行っていますが、まだまだ非対応のアプリが多いです。

無料のアプリならば、ダウンロードしてから確認すれば良いのですが、有料のアプリの場合はそうはいかないですよね。ダウンロードしてから後悔することのないよう、アプリのダウンロード前にはチェックしておきましょう。

▼ちなみに、誤って有料のアプリをダウンロードした場合は以下のエントリーを参考にして返金対応をしてもらうといいでしょう

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2018/12/11
スマホ決済の利用経験は45%〜「楽天Edy」がトップ、コード決済1位は「楽天Pay」に

セール

2018/12/10
終了まであとわずか、Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ
Recommendこんな記事も読まれています