ようやく日本でも「アレクサ、Apple Musicで曲をかけて」が可能に

bio
Yusuke Sakakura

ようやく日本でも「アレクサ、Apple Musicで曲をかけて」が可能に

きょう6月26日から日本国内でもアレクサ搭載デバイスでApple Musicが利用可能になった。

これにより「アレクサ、 Apple Musicで トゥディズ ヒッツをかけて」と話しかけてApple Musicの5000万曲以上のライブラリにアクセスできる。

非英語圏での対応は日本が始めて

Apple Musicが利用可能になったのはAmazon Echoシリーズ、 Amazon Fire TVシリーズを始めとするアレクサ搭載デバイス。

J-PopやK-Pop、 懐かしの洋楽ヒッツ、 アニメ曲など、 世界中で人気を集める楽曲を放送するラジオ番組の再生も可能だ。

なお、事前にAlexaアプリやAmazonウェブサイトのAlexaスキルストアからApple Musicのスキルを有効にし、 登録済みのアカウントをリンクする必要がある。

アレクサ搭載デバイスのApple Music対応はすでにアメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドで完了しているが、非英語圏では日本が始めてとなった。

GoogleのスマートスピーカーでもApple Musicに対応する動きがあったが、Googleの広報はスマートフォン向けGoogleアシスタントでApple Musicを利用するためのものでGoogle HOMEに関して案内することはないとしていた。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています