bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Facebook、最大50人で利用できるグループ通話を発表

Facebook

Facebook、最大50人で利用できるグループ通話の提供を開始

Facebookのメッセージング担当副社長デビッド・マーカスが、最大50人で利用できるグループ通話(Group Calling)の提供を本日から開始すると発表しました。

LINEに続いてFacebookがグループ通話を提供

Facebookのグループ通話は、メッセンジャーアプリで利用が可能。iOSとAndroid向けに提供している専用アプリに24時間以内に通話アイコンが追加されるとのこと。

任意のグループ会話から通話アイコンをタップして、グループ通話に参加させたい友だちを選択すると、グループ通話が開始されるようです。

グループ通話は、既に提供していたアプリの機能を取り込む形で今年3月からLINEが提供を開始。最大200人までの通話が可能となっています。

Facebook、最大50人で利用できるグループ通話の提供を開始

LINEもグループ通話の提供を開始。グループ通話ブームが到来?

なお、日本では2005年にNTTドコモが最大20人のグループ通話が可能な「プッシュトーク」の提供をスタートしていました。

当時の携帯電話には専用のプッシュトークボタン備えられ、ボタンを押している間に話すと全員に声が届くというもので、料金はボタン1プッシュの料金が5.25円、月額1,050円の定額プランも用意されましたが、2010年9月30日に市場の変化を理由にサービスを終了させています。

LINEとFacebookのグループ通話は、音声回線ではなくデータ通信を利用するため、定額制のデータプランを契約していれば、無料で利用可能です。

いまいち使いどころがわからない機能ですが、LINEは通話しながらオンラインゲームを楽しんだり、盛り上がった女子会終わり、家族会議、卒業式後の打ち上げの集合場所決めで便利に利用できるとしています。

Messenger
無料

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Apple Watch

2019/03/21
Apple Watch、爽やかな春の新色バンドが26種登場。Hermesバンドも

Amazon

2019/03/21
ついに第10世代目 低価格「Kindle」がフロントライト搭載で新登場

AirPods

2019/03/21
何が変わった?新しい第2世代「AirPods」と第1世代の違いを比較

AirPods

2019/03/20
速報:新型「AirPods」が登場。ワイヤレス充電とHey Siriに対応、遅延も30%改善
Recommendこんな記事も読まれています