PixelタブレットはNest Hubにもなる。Google Dockの存在が発見される

bio
Yusuke Sakakura公開日:2022/06/04 13:15

PixelタブレットはNest Hubにもなる。Google Dockの存在が発見される

Googleが2023年発売を予告しているPixelタブレット。すでに公開されている外観は、ラウンドフォルムのボディと白いベゼルが特徴的で、スマートディスプレイのNest Hubシリーズと見た目がかなり似ていてます。

日々の生活に寄り添い、自宅でも便利に使うことができるデバイスと案内されているPixelタブレットは、見た目だけでなく、搭載する機能についてもNest Hubと似たものになるかもしれません。

超音波を使って睡眠分析が可能な「Motion Sense」にも対応か

Pixelタブレットの外観はほぼすべて明らかにされていて、特に目を引いたのは背面に搭載された4つの端子です。

Googleはこの端子がどういった役割になるのか一切説明していませんが、Pixelタブレットの発表前にタブレットとして利用できる取り外し可能なデバイスを開発していると報じられていたこともあって、端子の正体はPixelタブレットを何らかのドックに接続するためのものであると予想されていました。

この予想はどうやら正確なようです。

9to5GoogleがAndroidを解析した結果、「Google Dock」というコードを新たに発見したとのこと。このコードは製品を指すようですが、Google Dockが正式な製品名かは不明。

PixelタブレットをGoogle Dockに接続することで、タブレットのバッテリーを充電できるようです。

これまでの報道によれば、ホームスピーカーとして利用できる可能性があるとのこと。もちろんGoogleアシスタントを利用して、天気予報を画面で確認したり、音楽のストリーミングやポッドキャストの再生、NetflixやYouTubeの動画視聴、スマート家電の操作など、まさにNest Hubのような使い方もできるでしょう。

なお、Googleアシスタントでは、「OK Google」を声に出すことなく、タブレットに向かって話すだけで、より自然に依頼を聞いてくれる新機能「Look and Talk」が発表されており、2023年初旬には話している途中の言葉の詰まりを終了と誤認識しない機能もリリースされる予定です。

Nest Hubでは、プライバシーが気になるカメラを利用せず、超音波を使って便利なジェスチャー機能や睡眠分析を実現する「Motion Sense」が利用できますが、Googleは同じ機能をAndroid内にも準備している(Nest HubのOSはAndroidではないGoogle Fuchsia)とのことで、Motion Senseを使った様々な機能もサポートする可能性が高いようです。

PixelタブレットとNest Hubは非常に近しい関係になるようです。いくつかの機能や価格を差別化するのか、将来的に統合されるのかわかりませんが、2023年にただ単にAndroidタブレットが復活するだけではなく、大きな動きが待っていそうです。

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています