Apple Pay|iPhoneから消えたSuicaやクレカを元に戻す方法

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2021/11/12 15:25

Apple Pay|iPhoneから消えたSuicaやクレカを元に戻す方法

いつものように「Apple Pay」(アップルペイ)に登録したSuicaを改札にかざして電車に乗ろうとしたら、まったく反応せずに改札につかまってしまいました。

厚手のコートを来ていたのが原因なのかと思ってもう一度かざしてみるも反応はなし・・・。ウォレットアプリを確認してみると、なんと登録してあったSuicaやクレジットカードがすべて消えていました。

混雑する朝の改札でこれが起きるとかなりパニックになりますよね。。。この記事ではApple Payから消えたSuicaやクレジットカードを元に戻す方法、原因を解説します。

目次

SuicaがApple Pay|iPhoneから消える原因

Apple PayおよびiPhoneに登録したSuicaやクレジットカードが消える原因は複数あります。

最もよくあるのがApple IDからサインアウトです。Apple PayにSuicaやクレジットカードを登録しているApple IDからサインアウトしようとすると「ウォレットからはすべての項目が削除されます」と警告が表示されますが、Suicaやクレジットカードの名詞が表示されないことから気に留める人は多くないと思います。

ほかにもパスコードの設定を解除したり、iPhoneを初期化すると同じようにウォレットからすべての項目が削除されます。レアケースとして旧iPhoneなど古いバックアップデータを新iPhoneで復元した場合はApple IDが上書きされることによって、Suicaやクレジットカードが削除されます。

Apple IDからサインアウトする際の警告とパスコードをオフにする際の警告

Apple IDからのサインアウトやパスコードオフ時に警告が表示されている

ほとんどの場合において削除されるのはiPhoneからのみで、Apple ID上は残っているためiPhoneに戻すことが可能です。ただし、一度Apple IDからサインアウトしてから同じApple IDでサインインしても削除されたSuicaやクレジットカードが自動で戻ることはありません。1つずつ手動で戻す必要があります。

Apple Payに登録したSuicaやクレジットカードが消えると、ウォレットアプリやSuicaアプリはアプリ初めてダウンロードした直後の初期状態になるため、完全に削除されたと錯覚する人も多いでしょう。

「iPhone」にSuicaとクレジットカードを戻す

  1. STEP 1

    設定画面でApple IDを選択

    iPhoneの設定画面を開いたら1番上の「iPhoneにサインイン」をタップしましょう。

    設定画面でApple IDを選択

  2. STEP 2

    Apple IDの入力

  3. STEP 3

    iPhoneのパスコードを入力

  4. STEP 4

    ウォレットアプリを起動

  5. STEP 5

    以前利用のカードを選択

  6. STEP 6

    Suicaまたはクレカを追加する

  7. STEP 7

    利用規約に同意する

  8. DONE

「Apple Watch」にSuicaとクレジットカードを戻す

Apple WatchにSuicaやクレジットカードを戻すには、まずiPhoneに戻す必要があります。上記の方法を参考にiPhoneに戻してから以下の手順を実行してください。

  1. STEP 1

    Watchを起動

    Suicaやクレジットカードはウォレットアプリではなく、Watchアプリから戻すことができます。

    Watchを起動

  2. STEP 2

    ウォレットとApple Payを選択

  3. STEP 3

    SuicaをApple Watchに追加する

  4. STEP 4

    カードを転送

  5. STEP 5

    アクティベート完了を待つ

  6. DONE

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています