iPhoneの容量不足解消に役立つ、カメラの「Live Photos」を常にオフにする方法

bio
Yusuke Sakakura公開日:2017/01/26 11:00

iPhoneの容量不足解消に役立つ、カメラの「Live Photos」を常にオフにする方法

iPhoneのカメラで写真を撮影すると、シャッターボタンを押した前後1.5秒の映像と音声を記録して動画のように再生できる「Live Phots」がオンになっていることがあります。

「Live Photos」は通常の写真に比べて容量が大きく2倍の容量を消費するという指摘もあるため、オフにすればより多くの写真を撮影できるほか、iPhoneの容量不足解消にも役立ちます。

当記事では「Live Photos」を常にオフにする方法を紹介します。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

Live Photosの設定を常にオフにする方法

まずは設定をタップしてから「写真とカメラ」に進みます。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

続いて「設定を保持」を選択します。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

一番下にある「Live Photos」のスイッチをオンにすると、Live Photosが自動的にオンの状態に戻らず、オフの場合はオフのまま、オンの場合はオンのままになります。

Live Photosの設定を常にオフにする方法

次に「Live Photos」を手動でオフにするためにカメラを起動して画面上部にある「Live Photos」をタップします。黄色の状態がオン、白色の状態がオフです。

これでiPhoneの「Live Photos」を常にオフにすることができます。

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています