bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Pixel 4aシリーズ、低価格で5G対応か

Pixelの噂・最新情報

Pixel 4aシリーズ、低価格で5G対応モデルを発売か

Credit: 91mobiles

Googleが5Gに対応したスマートフォンを2020年に発売する可能性がある”と報じられたのは昨年10月のこと。

5G対応にはコストがかかるためプレミアムモデルになることが予想されていたが、Googleはひとまず先にミッドレンジのPixel 4aシリーズを5Gに対応させるのかもしれない。

Pixel 4aシリーズのコードネームが発見される

XDA-DevelopersがAndroidのソースコード管理プロジェクトAOSPや今月リリースされたPixel 4の最新ファームウェアダンプ、いくつかのGoogleアプリの最新版を詳しく調査して新しいコードネームとそれらのデバイスに搭載されるチップセットを発見した。

発見されたコードネームは“sunfish”、“redfin”、“bramble”の3つだ。

注意すべき点としてコードネームが発見されたとしても発売が確定するわけではない。これまでに発売されたPixelシリーズには魚に関連したコードネームが付けられていて、魚とは関連しないコードネームは発売されてない複数の実績がある。

また、魚に関連のある名前が付いていたとしても製品化されるわけではない。昨年4月に発見された“needlefish”はいまだに製品化されていが、XDA-Developersは今後発売される可能性も考えられるが、開発用のリファレンスボードだったとしている。

Pixel 4aのレンダリング画像

Credit: 91mobiles

Pixel 4aのレンダリング画像

“sunfish”は、魚に関連するコードネームでミッドレンジ向けのチップセットSnapdragon730が搭載されるという。このチップセットは残念ながら5Gには対応していない。

“redfin”は、製品化されない可能性のあるコードネームだが、FIH Mobile(Foxconnの子会社)が製造を行うODMであることがわかっているそうだ。最後の“bramble”はODMの証拠も見つかっていないため製品化されるかは疑わしい。なお、“redfin”と“bramble”には5Gモデムを内蔵したSnapdragon765を搭載しているそうだ。

XDA Developersは、“sunfish”が5Gには対応していない「Pixel 4a」で、“redfin”と“bramble”のどちらかが5Gに対応した「Pixel 4a XL」になる可能性があると結論づけている。

ビッグディスプレイを搭載するであろう「Pixel 4a XL」は、過去モデルの売上が不振だったことから発売されないとも報じられていたが、今回発見されたコードネームがそれを否定するかもしれない。5Gに対応した低価格モデルであれば、これまでの売上は無視することができるはずだ。

コードネームの発見は発売に直結するものではないが、これからさまざまな場所でコードネームが使用されることで、徐々に新型Pixelスマートフォンに関する情報が明らかになっていくものと見られる。

関連記事

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

au

2020/05/26
携帯3社、緊急事態宣言解除でショップの通常営業を順次再開

iOS 13

2020/05/25
更新:新型コロナ 接触追跡アプリの公開は6月中旬に

au

2020/05/25
au、「Xperia 10 II」を6月4日発売。価格は約5万円

キャッシュレス

2020/05/25
iPhone版Suica、楽天カードでチャージすると楽天ポイント付与。終了日未定
Recommendこんな記事も読まれています