Pixel 5a、米・認証機関を通過か。8月発売の噂

bio
Yusuke Sakakura

Pixel 5a、米・認証機関を通過か。8月発売の噂

「Pixel 5a」または「Pixel 5a (5G)」として発売が噂されているGoogleの新型スマートフォンが、米国で販売に必要なFCCの承認を受けたことが明らかになった。

すでにGoogleは今年後半にアメリカと日本で発売すると発表済み。さらに、BloombergがPixel 5aが8月に発売されると報じていた。

全部で3つのモデル番号がFCCを通過

FCCが公開した資料によるとGoogleが承認を受けたデバイスはすべてQualcomm製のチップセットを搭載。Google独自のチップセット“Whitechapel”を搭載していないことからPixel 6シリーズではないようだ。

承認を受けたのはオリジナルモデルの「G1F8F」とバリエーションモデルの「GR0M2」「G4S1M」で、昨年のPixel 4aと同じ全部で3つのモデル番号が存在している。

「G4S1M」についてはコードネーム“Barbet”としてベータ版のAndroid 12からも発見されていた。

オリジナルモデルとバリエーションモデルの違いについてはSub6のn41バンドのコンポーネントが存在しないこと、n2/n12/n25/n66/n71といったバンドやCDMA、LTEの一部バンドがソフトウェアで無効化されていること。

これまでの噂によればPixel 5aは、Pixel 4a (5G)とほぼ同じデザインで、同じプラスチックのユニボディを採用。同じ6.2インチの有機ELディスプレイと同じデュアルカメラを搭載する。

昨年発売されたPixel 5と同じチップセットSnapdragon 765Gを採用するなどマイナーアップデート版として登場することになりそうだ。Pixel 5aとPixel 6に関する噂と最新情報は以下の記事に詳しくまとめている。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています