bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

4割超がスマートスピーカーに興味なし。所有率トップは「Echo Dot」

スマートスピーカー/スマートディスプレイ

4割超がスマートスピーカーに興味なし。所有率トップは「Echo Dot」

MMD研究所が「2018年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施し、調査結果を公開した。

スマートスピーカーに関する調査も実施されていて、所有率トップはAmazonのスマートスピーカー「Echo Dot」になったようだ。

スマートスピーカーの購入を検討しているのはわずか5.5%に

2018年版:スマートフォン利用者実態調査」の調査期間は2018年10月31日〜11月1日。15歳〜59歳の男女2,718人を対象に調査を実施した。

スマートスピーカーに対する興味度の項目では「スマートスピーカーを知っているが興味はない」と答えた人が43.1%、「スマートスピーカーに興味はあるが購入は検討していない」が17.6%、「スマートスピーカーの購入を検討している」が5.5%となった。Amazon EchoやGoogle HomeのテレビCM等もあって認知度は高いようだが、購入検討の前段階である興味ですら薄いことがわかる。家の中で声を発して命令するといった音声操作のハードルが高いのかもしれない。

スマートスピーカーに対する興味度

出典元: MMD研究所

Amazon Echoシリーズの所有率は55.3%に

所有しているスマートスピーカーの項目(複数回答)ではAmazon「Echo Dot」が30.2%でトップになった。次いで23.0%の「Google Home」と「Google Home Mini」で同率2位、4位は12.9%でAmazon「Echo」、5位は7.9%でディスプレイ付きの「Echo Spot」となった。

AmazonとGoogleのスマートスピーカーが上位を独占する形となり、なかでも低価格モデルが好評のようだ。まずは低価格モデルで使ってみたいという人が多いのかもしれない。

LINEのClovaシリーズは、ミニオンズとのコラボが話題になった「Clova Friends」が5.8%で6位、日本初のスマートスピーカーで赤外線によって家電を操作できる「Clova WAVE」が2.9%、コンパクトモデルの「Clova Friends mini」が2.2%となっている。「よくわからない」と答えた人も15.8%と多く、利用しているデバイスに関心がない人にも広く使われているようだ。

所有しているスマートスピーカー

出典元: MMD研究所

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

Appleニュース

2019/03/26
革新的なクレカ「Apple Card」が登場。Apple関連の支出は3%で即日還元

Appleニュース

2019/03/26
速報:世界初のゲームサブスク「Apple Arcade」が発表。今秋登場へ

Appleニュース

2019/03/26
速報:Apple News+が登場。次は雑誌を再設計、家族でも月額9.99ドルで読み放題に

Appleニュース

2019/03/25
今夜開催!Appleのスペシャルイベントを見る方法〜日本語の同時翻訳も
Recommendこんな記事も読まれています