bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

総務大臣、携帯料金値下げについて一転「メインブランドで新料金プランなしは問題」と発言

ニュース

総務大臣、携帯料金値下げについて一転「メインブランドで新料金プランなしは問題」と発言

海外に比べて日本の携帯料金が高いとして携帯電話事業者に値下げを求めていた総務省。各社はサブブランドで新料金プランを発表し、ワイモバイルは来月、UQ mobileは来年2月から提供開始する。

先日、武田総務大臣は携帯電話事業者の対応について「しっかり対応して頂いた」と発言していたが、今日になって「メインブランドについては新しいプランが発表されていない。これが問題だ」と発言を一転させた。

携帯料金の負担が軽減しているか継続的な監視が必要

10月30日の会見で記者から記者からサブブランドでの携帯料金の値下げについて最初の想定とは違うのでは?国民の期待に答えたものになっているか?と聞かれた際に総務大臣は「アクションプランを発出したのち、そのような動きが出たというのは各社ともアクションプランに対してしっかり対応して頂いていると思う」「事業者、ブランド問わず利用者にとって利益的な料金サービスの選択肢が新たに出てくることには間違いない」と事業者の対応を評価していた。

ところが、今日の会見で記者からメインブランドでの対応がないことを受けて利用者から対応を求める声が出ていると思うがどのように認識しているのか見解を問われると「コロナ禍において地域経済というものが低迷するなかで家計の負担を考えた時に携帯電話料金の値段というものが下がった、安くなったということを利用者が実感していただかなくてはまったく意味がない」と発言。

サブブランドによる割安なプランの発表で選択肢は増えたと評価する一方で「“ほとんど”と言ってもいいぐらいに多くの利用者が契約しているメインブランドについては新しいプランが発表されていない。これが問題」と述べ、「“いろんなプランができましたあとは利用者の方々次第ですよ”ということもわからんこともないけどもあまりにも不親切」と続けた。

携帯料金の負担が軽減しているか継続的にモニタリングが必要とし、負担軽減が進んでいない場合はフェーズを変えて一歩踏み込んで別のアクションプランを作る準備をしていることを明らかにした。

なお、総務省が海外に比べて日本の携帯料金が高いと述べた調査はサブブランドの料金を含めた調査であったことからサブブランドでの値下げは妥当かと思われたが、今回、総務大臣は海外との料金差ではなくコロナ禍による経済低迷を理由に値下げを求めている。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPadの噂・最新情報

2020/11/24
新型iPad Pro、有機ELモデルが2021年後半に登場?

iOS 14

2020/11/24
Googleカレンダー、iOS 14のウィジェットに対応

HomePod

2020/11/24
HomePod mini レビュー

iOS

2020/11/23
iOS 15、初代iPhone SE/6sはアップデート不可?
Recommendこんな記事も読まれています