Twitter、140秒までの動画投稿に対応。フル画面再生も

bio
Yusuke Sakakura

Twitter、140秒までの動画投稿に対応。フル画面再生も

Twitterに投稿できる動画の長さはこれまで上限30秒となっていましたが、本日から4倍以上となる140秒の動画投稿に対応すると発表されました。

Twitter、動画ツイートが50%増。動画機能を改良へ

Twitterは公式ブログにて、動画ツイートが今年初めから比較して50%も増え、「今」を共有するための大切な役割を持つようになったと説明しています。

その上で、Twitter上に投稿できる動画に改良を加えることを発表しました。

1つ目は、Twitterに投稿できる動画の長さをこれまでの最長30秒から140秒までの延長。iOS、Android、ウェブサイトで本日から利用することが可能。Twitter for Mac / Windowsでも後日利用できるとしています。

これに伴い、Twitterの動画共有サービス「Vine」でも最大140秒の動画投稿が可能になります。まずは一部のユーザーを対象としています。

Twitterに投稿された120秒の動画

もう一つの改良は、タイムラインに表示される動画またはVineが添付されたツイートをタップすると、全画面での動画再生が可能になるほか、その下におすすめ動画が表示されます。これらは近い将来iOSとAndroidで利用できるとしています。

おすすめ動画の表示
Twitter
無料

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています