ネタバレ防止にも。Twitterのミュートとブロックが検索タブや「いまどうしてる?」に適用

bio
Yusuke Sakakura

ネタバレ防止にも。Twitterのミュートとブロックが検索タブや「いまどうしてる?」に適用

1月12日、Twitterがミュートおよびブロックの適用範囲を拡大することを発表しました。

現在は通知タブやプッシュ通知、ショートメール、メール通知、タイムライン、ツイートへの返信に適用(キーワードやハッシュタグは通知とタイムラインのみ)されますが、今後はさらに多くの場所でミュートやブロック対象のアカウントが表示されなくなります。

ネタバレ防止に役立つアップデートに

Twitterの発表によると、ミュートしたキーワードおよび、ミュートまたはブロックしたアカウントがより多くの場所に表示されないように、アップデートを実施するとのこと。

まずはイベントが対象と案内していることから、今後数回にわたってミュートとブロックの適用範囲が拡大していくようです。今回の拡大では、ミュートまたはブロックしたアカウントからのイベントが、検索タブやサイドバーに表示される「いまどうしてる?」、メール・イベントベースの通知に表示されなくなります。

今回のアップデートによって、不快なアカウントをさらに遠ざけられるだけでなく、タイムライン以外からのネタバレを防ぐことができます。ドラマやスポーツなどの結果を知りたくないけど、ついついTwitterをチェックしてしまう人にとっても嬉しいアップデートになるでしょう。

ミュートやブロックの使い方やそれぞれの違い、通知されるかなど以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています