bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Twitter、自分のツイートのリツイートが可能に「[email protected]」は不要に

Twitterの使い方

Twitter、自分のツイートのリツイートが可能に「.@」は不要に

これまで、Twitterでは、自分がつぶやいたツイートをリツイートしたり、引用リツイートすることが不可能でしたが、今後可能になることを発表しました。

Twitter、自分のツイートのリツイートが可能に 140文字の制限緩和も

1.自分のツイートに対するリツイートが可能に

これまでは自分が投稿したツイートに対するリツイートや、引用リツイートはボタンが押せずに不可能でしたが、今後可能になります。

Twitter、自分のツイートのリツイートが可能に「.@」は不要に

現在はリツイートボタンが押せない

2.「@ユーザー名」が全てのフォロワーに表示される

これまでは、誰かに宛てたツイートを他のユーザーにも見て欲しい時には「[email protected]ユーザー名」で投稿する必要がありましたが、今後は「@ユーザー名」で始まるツイートも全フォロワーのタイムラインに表示される場合があります。なお、リプライボタンから返信する場合は例外となります。

Twitter、自分のツイートのリツイートが可能に「.@」は不要に

現在は全フォロワーに見てもらう場合「[email protected]ユーザー名」に続いてツイートする必要がある

具体的にはリプライボタンから返信する場合(in-reply-toが付与された状態)は「リプライ」に分類され、自分と宛先のアカウントを両方フォローしている人のタイムラインに表示されます。

一方、手入力で「@ユーザー名」または「[email protected]ユーザー名」を付与してツイートする場合は「メンション」に分類され、全てのフォロワーのタイムラインに表示されることになります。

カンタンにまとめると以下の表のようになります。

変更前変更後
[email protected]ユーザー名メンション全フォロワーのタイムラインに表示
@ユーザー名リプライ自分と宛先のアカウントを両方フォローしている人の
タイムラインに表示
メンション自分と宛先のアカウントを両方フォローしている人のタイムラインに表示全フォロワーのタイムラインに表示

この変更は、今後数ヶ月にわたって順次適用されるとのこと。また、Twitter APIにも変更が適用され、サードパーティ製のTwitterアプリにも同様の変更が実施されるようです。

上記の変更は今後数ヶ月の間に順次行われます。今日は皆さんに今後の予定としてのご案内です。Twitter APIを利用してさまざまなものを作られている開発者の方々には、変更を必要とされる方もいらっしゃると思われますので、このタイミングでご案内させていただきます。

なお、同時期の変更で140文字の制限が緩和されることも発表されています。

コメントを残す

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

LINE Pay

2019/05/21
速報:セブン-イレブン、7月からLINE Pay・メルペイ・PayPayが利用可能に

Android

2019/05/20
ファーウェイ、既存製品へのセキュリティアップデートの継続提供を発表

LINE Pay

2019/05/20
LINE Pay、最大20%還元の「Payトク」を6月1日から開催

LINE Pay

2019/05/20
LINE Payの300億円祭がスタート。やり方と送れない時の対処方法を解説
Recommendこんな記事も読まれています