bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

Twitter、会話の“クソリプ”を非表示。検索結果からミュート・ブロックアカウントのツイートも除外

Twitterニュース

Twitter、会話上の“クソリプ”を非表示。検索結果からミュート・ブロックアカウントのツイートも除外

Twitterはここ最近、Twitterをより安心して利用できるような新機能の追加に注力していて、昨年11月には指定したキーワードを含んだツイートの通知をミュートできる機能を追加しました。

今回、新たな施策として「嫌がらせアカウント作成の抑止」「セーフサーチ」「嫌がらせと思われるものや質の低いツイートへの対処」の3つが追加されることになりました。

嫌がらせアカウント作成の抑止

「嫌がらせアカウント作成の抑止」では、罵倒や嫌がらせのためだけにアカウントを作成されるケースを防ぐために、Twitterのアカウントが永久的に停止し、新しいアカウントが作れないよう対策を行ったとのこと。

アカウントの作成が永久的に停止される条件は不明ですが、Twitterでは迷惑なアカウントを報告できる機能が備わっており、ユーザーからの報告を参考にアカウントの作成を永久に停止する可能性があります。

セーフサーチ

検索結果からセンシティブなコンテンツやミュート・ブロックしたアカウントからのツイートを除外=非表示にする「セーフサーチ」が追加されました。

これまで攻撃的なアカウントをミュートまたはブロックしてもエゴサーチすると、誹謗中傷を含むツイートが表示されるようになっていましたが、「セーフサーチ」の導入によってこれを防止することができます。

また、検索結果ではスパムツイートをばらまいているアカウントをよく見かけますが、これらのアカウントをミュートまたはブロックリストに放り込むことでクリアな検索結果を楽しむことができます。

なお、セーフサーチはデフォルトでオンになっていますが、ユーザーが変更することも可能です。ウェブ版では検索結果で「︙」をクリックして「サーチ設定」を選択後、「ブロックしているアカウントとミュートしているアカウントを除外」のチェックを外すことでセーフサーチをオフにできます。今のところアプリ版での変更方法は見つかっていません。

セーフサーチ セーフサーチ

嫌がらせと思われるツイートや質の低いツイートへの対処

Twitterが嫌がらせになるツイートや質の低い返信ツイートと判定された場合、ツイートのやり取りを表示する画面から除外するよう対策を行います。

ユーザーが投稿したツイートに対していわゆるクソリプが返ってきた場合、会話上から除外され、新たに追加される領域に表示されるようになります。デフォルトではこの領域は隠された状態で表示されますが、ユーザーの操作でこの領域を表示することも可能です。

嫌がらせと思われるツイートや質の低いツイートへの対処

なお、上記2つの機能は本日から提供が開始されていますが、この機能に関しては今後数週間中のうちに順次提供されるとのことです。

コメントを残す(承認後に表示されます)

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

キャッシュレス

2018/12/11
スマホ決済の利用経験は45%〜「楽天Edy」がトップ、コード決済1位は「楽天Pay」に

セール

2018/12/10
終了まであとわずか、Amazonサイバーマンデーで売れたものトップ10

NTTドコモ

2018/12/10
ずっと毎月1,500円割引のdocomo with「AQUOS Sense2」を12月14日発売。価格は一括3.1万円

LINE

2018/12/10
LINE、京都市でキャッシュレス化を促進。年内にシェアバイクサービスも展開へ
Recommendこんな記事も読まれています