Twitter、一部ユーザを対象にリプライ先の表示方法を変更。IDが非表示に

bio
Yusuke Sakakura

Twitter、一部ユーザを対象にリプライ先の表示方法を変更。IDが非表示に

Twitterが、返信(リプライ)時に入力したユーザー名・IDを文字数に含まず、表示もしない変更を一部ユーザーを対象に実施していることがわかりました。

リプライ先を表示せず、140文字フルでリプライ可能に

今回、一部ユーザーを対象にしたリプライの仕様変更は昨年5月にアナウンスされていたものです。

変更された内容はリプライ時に宛先のユーザー名を省略して文字数としてカウントしないというもの。以前は、ユーザー名も文字数としてカウントされましたが、今回の変更によって最大140文字までフルでツイートができるようになっています。

Twitter、リプライ時にユーザー名やIDを表示しない変更をテスト中

リプライ先が画面左上に表示され、140文字をフルでツイートできる

ユーザー名が省略される今回の変更は返信ボタンをタップして行うリプライ時のみ有効で、ユーザー名を手入力するメンションではこれまでと同じように利用できます。

同様の変更は昨年12月にiOS公式アプリを利用するユーザー全員に適用されましたが、ミスとして変更を取り消していました。なお、変更に対する意見としてはリプライ先がわかりにくいため「誤爆しそう」などネガティブな意見が多かったように覚えています。

なお、Twitterでは「ニュース」タブを廃止して「もっと探す」タブを追加するアップデートも一部ユーザーを対象にテストしているようです。

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています