bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

  • トップページ
  • AIスマートスピーカー
  • Google、AIスピーカー「Google Home」の日本発売日を10月上旬に決定か
  • Google、AIスピーカー「Google Home」の日本発売日を10月上旬に決定か

    Googleが今夏以降に日本で発売するとアナウンスしていたAIスピーカー「Google Home」が10月上旬に日本で発売されることがわかった。

    「Google Home」がついに日本上陸か

    NHKによると、GoogleがAIスピーカー「Google Home」の日本発売日を10月上旬に発売する方針を固めたとのこと。

    Google Homeは、スマートフォンでも利用できる会話型AI「Googleアシスタント」を搭載するAIスピーカー。販売価格は129ドル、日本円で約14,000円だ。

    操作は音声で行い、「OK Google」と話しかけてGoogle検索や天気予報、渋滞情報、スポーツの結果を知ることができる。また、スケジュールの確認やアラームを設定することも可能。スピーカーを内蔵しているため、Google Play MusicやSpotifyなど音楽聞き放題サービスを流しっぱなしにすることもできる。さらに、付け忘れたライトを消すなど家電製品のリモート操作にも対応する。

    今年発表された新機能では、ユーザーが「母に電話」と話すと、事前に設定されたGoogleアカウントの連絡先から電話番号を検索してGoogle Homeで音声通話が利用できる「ハンズフリーコール」に対応する。Google Homeは複数人の声を聞き分けられるため、誰の母親なのかを理解して正しい相手との通話を実現する。現在のところアメリカとカナダでの提供となっているが、将来的には日本でも利用できるはずだ。

    AIスマートスピーカーの分野はAmazonが先行参入すると、Googleなどが追従。AppleもSiriを搭載した「HomePod」を12月に世界3ヶ国で発売する予定。日本ではLINEがクラウドAIプラットフォーム「Clova」を搭載した「WAVE」(レビュー記事)の先行体験版を発売したばかり。

    製品としてはLINEが先に日本で発売したものの、コア部分となるAIは約1年前から海外で提供、昨年12月に日本語対応したGoogleの方が先に進んでいる。LINEも今秋、正式版の発売を予定しており、国内のAIスマートスピーカー市場が活性化しそうだ。

    なお、米Android Policeは、Googleが今秋開催を予定しているイベントで初めて「Googleアシスタント」を搭載したスマートフォンの後継2機種に加えて、小型のGoogle Homeを発売する予定と報じている。Googleがイベントを開催する時期は明らかになっていないが昨年は10月5日に開催された。もしかすると、今年も10月初旬にイベントが開催され、その場で小型のGoogle Homeを発表し、日本での発売日時期も具体的に明かすのかもしれない。

    この記事も読まれてます!
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    AIスマートスピーカーの人気エントリー

    まだデータがありません。

    本日の人気エントリー

    まだデータがありません。

    今週の人気エントリー