2016-05-06 15:09:48
  • トップページ
  • Amazon プライムミュージック
  • Apple Music
  • AWA
  • Google Play Music
  • LINE MUSIC
  • 聴き放題の音楽サービス、国内人気No1はLINE MUSIC。学生に圧倒的な人気
  • 聴き放題の音楽サービス、国内シェアNo1はLINE MUSIC。学生に圧倒的な人気

    MMD研究所が定額制サービスの利用実態調査を実施し、その結果を公開しています。同調査は8,271人を対象に定額制の動画・音楽・書籍サービスの利用実態を調査したもの。

    昨年6月から国内で本格的にスタートした聴き放題の音楽サービスでは、Apple MusicやGoogle Play Musicなどをおさえて「LINE MUSIC」がトップとなりました。

    聴き放題の音楽サービス、トップはLINE MUSIC

    スマートフォンを利用している8,271人に定額制の音楽サービスの利用経験を聞いたところ、10.1%が現在利用していると答え、14.5%が利用経験があると答えたとのこと。

    聴き放題の音楽サービス、国内シェアNo1はLINE MUSIC。学生に圧倒的な人気

    image by MMD研究所

    利用経験があるサービスNo1は「LINE MUSIC」、学生利用が53%超

    定額制の音楽サービスを現在利用していると答えた703人に“利用したことがある”サービスを聞いたところ、「LINE MUSIC」が36.3%でトップ。次いで29.3%のApple Music、24.0%のAWAがランクイン。

    聴き放題の音楽サービス、国内シェアNo1はLINE MUSIC。学生に圧倒的な人気

    image by MMD研究所

    LINE MUSICは、学生向けに53.0%でダントツ。他のサービスにはない学割プランが好評なのでしょうか、学生に対するLINEブランドの強さもあるのかもしれません。なお、グーグルの「Google Play Music」は18.9%で5位になっています。

    利用中のサービスNo1も「LINE MUSIC」

    “現在メインで利用しているサービス”では、これも「LINE MUSIC」が20.8%でトップ。次いで17.8%のApple Music、17.4%のAmazon Prime Musicがランクイン。

    聴き放題の音楽サービス、国内シェアNo1はLINE MUSIC。学生に圧倒的な人気

    image by MMD研究所

    利用経験があるサービスでは3位となったAWAは5位にダウン。無料期間を終えたタイミングで利用を終えたのか、他のサービスにのりかえたのかもしれません。

    有料プランの利用率は約42%、半年以上の利用は約20%

    数ヶ月の無料期間終了後もサービスを使い続けるには、月額数百円の有料プランに加入する必要がありますが、有料プランの契約状況は半数を切る42.8%。学生が27.0%で最も低くなっています。また、サービスの利用期間では、半年以上がわずか19.5%になっています。

    聴き放題の音楽サービス、国内シェアNo1はLINE MUSIC。学生に圧倒的な人気 聴き放題の音楽サービス、国内シェアNo1はLINE MUSIC。学生に圧倒的な人気
    image by MMD研究所
    Yusuke Sakakura スマートフォンやガジェットが大好きです。座右の銘は"新しいガジェットが増えたことを誇るよりも、使わないガジェットが増えたことを恥じろ"。ガジェットの購入は計画的に。
    この記事も読まれてます!

    コメントを残す

    (任意)
    (任意)

    LINE MUSICの人気エントリー

    Sorry. No data so far.

    本日の人気エントリー
    今週の人気エントリー