bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

有機ELディスプレイとは。

携帯用語辞典

有機ELディスプレイとは。

有機ELディスプレイ(ゆうきイーエルディスプレイ)

有機ELディスプレイとは、有機化合物を利用した自発光型の新世代ディスプレイです。特性としては、低電力で高輝度を得ることができ、応答速度や寿命、コスト(将来的には液晶ディスプレイよりも製造コストを抑えられる可能性も。)、消費電力などの点で優れています。
液晶ディスプレイとの違いは、自発光型であることから薄型化や軽量化が容易でき、視野角が広く、コントラストが高いことです。また、液晶ディスプレイの一番の難点が応答速度でしたが、有機ELディスプレイはこれにおいても上回っています。

有機ELディスプレイの歴史

1987年:有機ELディスプレイの基本構造が開発。
1987年:東北ディスプレイが量産に成功。
2001年:NEC、「N2001」に2.2インチ、 120×160ドット、4000色表示の有機ELディスプレイを搭載。(メインディスプレイ)
2002年:富士通、「F504i」に4色有機ELディスプレイを搭載。(サブディスプレイ)
2003年:富士通、「F505i」に256色有機ELディスプレイを搭載。(サブディスプレイ)
2004年:富士通、「F900i」に3色有機ELディスプレイを搭載。(サブディスプレイ)
2005年:富士通、「F901iC」にフルカラー有機ELディスプレイを搭載。(サブディスプレイ)
2007年:京セラ、「MEDIA SKIN」
に2.4インチ、26万色有機ELディスプレイを搭載。(メインディスプレイ)
2007年:ソニー、11型有機ELテレビを発表。(12月1日に発売。)
2007年:東芝、32型以上の有機ELテレビを2009年に発売すると発表。
2007年:三洋電機、「INFOBAR2」に2.6インチ有機ELディスプレイを搭載。
2007年:KDDI・サムスン、世界初となる2.8インチWQVGAの有機ELディスプレイを「W56T」、「W54S」、「W53H」に搭載。

ソテツ にコメントする コメントをキャンセル

コメント利用規約

コメントは承認後に表示されます

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記してコメントを公開します

(任意)
(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュースはもちろん、レビューも届けるブログメディア「携帯総合研究所」主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

ソフトバンク

2019/12/06
ソフトバンクと東京大学、AI研究所を'20年春に設立。最先端のAI研究機関へ

iPhoneの噂・最新情報

2019/12/06
Apple、2020年に「iPhone 12」や「iPhone SE2」など5機種を発売か

セール

2019/12/06
Fireタブレットがサイバーマンデーで過去最安値に

セール

2019/12/06
Amazonサイバーマンデーセール開始〜注目商品まとめ(2019)
Recommendこんな記事も読まれています