TFT液晶とは

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2014/10/11 23:22

TFT液晶とは

TFT液晶 (ティーエフティーえきしょう)

TFTとはThin Film Transistorの略で、液晶ディスプレイの表示方式のひとつです。

アクティブマトリクス方式を利用した液晶ディスプレイで、応答速度が高くクリアです。他にもコントラストや広い視野角を実現できるなどメリットがあります。

デメリットとしては比較的に製造コストが高いことです。
液晶テレビやパソコンの液晶ディスプレイなど、動画を表示するにはTFT方式の応答速度の高さや綺麗なコントラストといったメリットがあるため、ほとんどがTFT液晶を採用している傾向にあります。近年では携帯電話のメインディスプレイもほとんどの機種がTFT液晶を採用している。

ドコモの903iシリーズにおいても「SH903i」がモバイルASV液晶を採用しているが、他の機種ではTFT液晶を採用している。
液晶ディスプレイの市場にはあまり詳しくないのでわかりませんが、携帯市場においての液晶ディスプレイ(メインディスプレイ)についてはTFT液晶が90%以上を閉めているのではないでしょうか。

シャープについては、独自に開発したモバイルASV液晶を採用していますが他の会社のほとんどがTFT液晶を採用しています。
理由としてはコストのかかるものの高い応答速度と綺麗なコントラストにあると思います。

皆さんが使っているパソコンのディスプレイもTFT液晶のものがほとんどでは無いでしょうか?

ちなみにNintendoDSにもTFT液晶が採用されています。
コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています