CMOSカメラとは

bio
Yusuke Sakakura

CMOSカメラとは

CMOSカメラ (シーモスカメラ)

CMOSカメラとは、携帯電話において最も採用されています。
その理由とされているのが消費電力が少ないことです。アプリなどの機能は日々進化しているためバッテリーの持ち時間が少ない携帯電話においてこのCMOSカメラの特徴は携帯電話にとってとても意味を成すものです。

CCDカメラと比較すると発色の良さについては劣っている。

見た目では、大きなレンズを持っているのがCMOSカメラではないかとも言われています。
CMOSカメラは、これからも携帯電話、デジカメを主に搭載されていくために小型化・省電力化されています。

デジカメならば電池もちも結構いいので消費電力が高くても特に支障は無いと思いますが、携帯電話の場合は電池もちに問題があるのでCMOSカメラは必須だと思います。

しかし、来年の春ごろからは燃料電池が投入されるとのことなので携帯市場でのCMOSカメラは衰退していくのかもしれません。

ちなみに僕の使っているW41HもCMOSカメラ(有効画素数207万画素)ですが、画質に関しては満足しています。カメラを選ぶ際に参考にしてみてください。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています