bubble bubble2 google-plus facebook facebook2 twitter instagram twitter2 cart

リボルバー型とは

携帯用語辞典
リボルバー型 (リボルバーがた)

リボルバー型とは、液晶画面を回転することでテンキーが出てくるような構造のものです。

爪きり型と間違われることが多いのですが爪きり型との違いは液晶が縦に動くアクションを取れないとこです。

メリットは液晶側に決定キーやメニュー画面を立ち上げるキーがあるため少ないタッチでいろいろな操作ができることやそのままで写真を取れることです。

採用している機種は、ドコモでは「SO505i」、auでは「A5502K」などです。
リボルバー型が採用された「SO505i」は、映画「電車男」で電車男が使っていましたね。

最近ではリボルバー型を採用した携帯はまったく見られなくなりました。この原因は情報化社会の影響でメインディスプレイが大型化したことにあると思われます。

リボルバー型はディスプレイのすぐ下に上下キーと決定キーを配置する必要があるためディスプレイを大型にできないことが原因でしょう。
プロフィールアイコン

Yusuke Sakakura

iPhone・Androidやスマートスピーカーに関するニュース、レビューを報じるブログメディア主宰。元システムエンジニア、iPhoneの料金を3社間で比較できるシミュレーターの開発も

Latest新着記事

iPhone SE

2018/07/19
LINEモバイル、「iPhone SE」の販売開始。価格は30,800円から

スマホアプリ

2018/07/19
最大1,000円オフ、ドラゴンクエストVII・VIIIの期間限定セールが開催中

インスタグラム

2018/07/18
インスタグラム、新しい2段階認証を近くリリース。SMS・電話番号不要に

iPhoneの噂・最新情報

2018/07/17
新型iPhone、3モデルの画面パーツ流出。すべて顔認証「Face ID」に
Recommendこんな記事も読まれています