リボルバー型とは

bio
Yusuke Sakakura

リボルバー型とは

リボルバー型 (リボルバーがた)

リボルバー型とは、液晶画面を回転することでテンキーが出てくるような構造のものです。

爪きり型と間違われることが多いのですが爪きり型との違いは液晶が縦に動くアクションを取れないとこです。

メリットは液晶側に決定キーやメニュー画面を立ち上げるキーがあるため少ないタッチでいろいろな操作ができることやそのままで写真を取れることです。

採用している機種は、ドコモでは「SO505i」、auでは「A5502K」などです。
リボルバー型が採用された「SO505i」は、映画「電車男」で電車男が使っていましたね。

最近ではリボルバー型を採用した携帯はまったく見られなくなりました。この原因は情報化社会の影響でメインディスプレイが大型化したことにあると思われます。

リボルバー型はディスプレイのすぐ下に上下キーと決定キーを配置する必要があるためディスプレイを大型にできないことが原因でしょう。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています