新型iPad Pro、発売日は2020年前半か

bio
Yusuke Sakakura

新型iPad Pro、発売日は2020年前半か

2019年発売とも報じられていた新型iPad Pro

iPhone 11シリーズなどが発表された9月のイベントでは登場せず、10月にスペシャルイベントが実施されることもなく噂が途絶えていたが、最新のレポートによると早ければ2020年前半に発売される可能性があるようだ。

3D対応のカメラを搭載か

Bloombergが関係者から得た情報によると、Appleは新しい3DセンサーシステムをベースにしたARおよびVRデバイスの開発に取り組んでいるという。

早ければ2020年前半に発売される新型iPad Proでは、2つのカメラセンサーと3Dシステムの新しいモジュールが搭載され、人やモノの3Dによるモデリングが可能になるとのこと。なお、このセンサーは5Gに対応する2020年後半に発売予定の新型iPhoneにも採用されとのこと。

これまでの噂によれば、新型iPad Proには「iPhone 11 Pro」と同じ広角レンズ、望遠レンズ、超広角レンズで構成されるトリプルカメラが搭載されるとのことだったが、トリプルカメラではなくデュアルカメラと3Dシステムによるものかもしれない。

新型iPad Proに加え、2021年もしくは2022年にVR/ARを組み合わせることで、ゲーム・動画視聴・バーチャル会議にフォーカスしたヘッドセットの発売を目標にしており、2023年にはARメガネを発売する予定。

すでにiPhoneおよびiPadのエンジニアチームは、重要なアプリケーションおよびソフトウェアをVR/ARヘッドセットおよびメガネに搭載される新しい「rOS」に接続するための作業に着手しているようだ。VR/ARには1,000人のエンジニアが取り組んでいて、元NASAのエンジニアや元ゲーム開発者、グラフィックスの専門家などが含まれているとのこと。

関連記事

コメント

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

Anonymous へ返信する コメントをキャンセル

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています