Pixel 6 Pro、シリーズ最大の6.67インチ画面か。ペリスコープカメラ搭載も

bio
Yusuke Sakakura

Pixel 6 Pro、シリーズ最大の6.67インチ画面か。ペリスコープカメラ搭載も

今年後半の発売が予想されているGoogleのフラグシップスマートフォン「Pixel 6」と「Pixel 6 Pro」

Googleは販売不振を理由に“XL”モデルを廃止したが、今年は“Pro”として復活するようだ。失敗となった画面サイズとバッテリー容量だけを差別化する戦略を大幅に変更してカメラなどいくつかの差別化を行うと噂されている。

すでにAndroid 12から日本向けのモデル番号が発見されていて奇抜なデザインも流出済み。ところが多数の実績があるリーカーOnLeaksは先日公開された奇抜なデザインは完璧ではないと指摘し、独占情報として「Pixel 6 Pro」のより正確なデザインと詳細なスペックを公開した。

デュアルカーブエッジ採用のディスプレイ

OnLeaksとdigit.inによると「Pixel 6 Pro」はNexusおよびPixelスマートフォン史上最大となる6.67インチの有機ELディスプレイを搭載するそうだ。

Pixel 6 Proのフロント。パンチホールと厚めのアゴ

パンチホールは左上から真ん中に移動。動画を見たり、ゲームをプレイする時にスマホを横向きにすると左上に配置されたパンチホールは手で隠れることから左上が最適だが、わざわざ真ん中に移動する。この小さい変更はユーザーから賛否の声が出るかもしれない。

デュアルカーブエッジを採用することで画面の左右のフチ(ベゼル)はかなり幅が狭くなるが上下のベゼルは残る。特に下側のベゼルはしっかりと厚みがあるようだ。

機能面ではディスプレイ指紋認証に対応。リフレッシュレートが90Hzから120Hzにアップグレードされるかは現段階ではわからないという。ちなみに、ディスプレイアナリストのRoss Youngは過去に6.67インチ、リフレッシュレート120HzディスプレイがPixelに採用されることを示唆していた。

ペリスコープ型の望遠レンズでズーム強化

Pixel 6 Proのバック。オレンジとホワイトのツートンカラー

背面はツートンを復活させて賛否の声が出そうな奇抜な見た目になる。左から右にかけて伸びる黒の出っ張りには広角レンズと望遠レンズ、LEDフラッシュ、そして正体不明のレンズが搭載されるようだ。

望遠レンズは今年のトレンドになりつつあるペリスコープ型とのこと。ズーム倍率がアップするシンプルなペリスコープなのか、Xperia 1 IIIのように内部でレンズをスライドさせ、焦点距離を変えて1つのレンズで2種類の画角と倍率が楽しめるのかは不明。いずれにしてもズーム性能が大幅に飛躍しそうだ。

このほかにもデュアルステレオスピーカーやワイヤレス充電をサポート。本体サイズは163.9 x 75.8 x 8.9mmでカメラの出っ張りを含めると厚さは11.5mmで、Galaxy S21 Ultra 5Gにかなり近いサイズ感になる。

Pixel 6シリーズにはGoogleの自社製チップ“Whitechapel”の搭載も報じられている。自社チップによる性能向上や消費電力・効率の改善はもちろん、ドライバアップデートが他社に依存しなくなることからアップデート保証期間が現在の3年間から延長されるのではないかとの見方もあるようだ。

画面サイズサイズ
Pixel 6 Pro6.67インチ163.9 x 75.8 x 8.9mm
Galaxy S21 Ultra 5G6.8インチ165 x 76 x 8.9mm
Pixel 56.0インチ144.7 x 70.4 x 8.0mm
Pixel 4a 5G6.2インチ 153.9 x 74 x 8.2mm
Pixel 4a5.8インチ144 x 69.4 x 8.2mm
Pixel 4 XL6.3インチ160.4 x 75.1 x 8.2mm
Nexus 6P5.7インチ159.3 x 77.8 x 7.3mm

関連記事

コメント利用規約

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Recommendこんな記事も読まれています