折りたたみスマホ Pixel Fold/Notepadの噂まとめ。発売日や価格、スペックなど

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/11/18 2:09

折りたたみスマホ Pixel Fold/Notepadの噂まとめ。発売日や価格、スペックなど

Googleが開発中と噂の折りたたみスマートフォンが2023年発売と噂されています。

当然ながら発売も製品名も確定していませんが、現時点では「Pixel Fold」または「Pixel Notepad」として報じられている待望のPixelブランドの折りたたみスマートフォンです。

この記事では、Pixelブランドの折りたたみスマートフォンの発売日や新機能、デザイン、スペックといった噂をまとめています。情報は正式発表まで随時更新します。

目次

Pixel Foldの発表日と発売日

Pixel Foldの発表日と発売日

Googleが開発するアプリからPixel Foldに関するヒントがいくつも見つかっています。発売時期もその1つで、Googleカメラアプリの内部から“isPixel2022Foldable”というコードが発見されました。

このコード単体では何を意味しているのか不明ですが、同じアプリから2019年発売のPixel 4|4 XLが“isPixel2019”、2019年5月発売のPixel 3a|3a XLが“isPixel2019MidRange”として存在していることを考えると、Pixelブランドの折りたたみスマートフォンの発売時期を示していることがわかります。

コードはPixel Foldの2022年発売を示唆していましたが、多数の実績があるDSCCのRoss Youngによって発売中止が報じられる→撤回される→2022年第4四半期に発売されると報道に紆余曲折があり、結局のところ2022年内に発売されそうにありません。

その後、Pixelスマートフォンの発売時期について多数の実績があるJon Prosserによって2023年5月発売と報じられています。

これが事実であれば、過去にも多数の新製品が発表されている開発者向けのビッグイベントGoogle I/O 2023での発表になることが予想されます。

デザイン

Pixel Foldの実機をもとに作成された画像が公開されています。

折りたたみスマートフォンの課題である厚さを解決する薄型のメタルフレームとコンパクトなヒンジを確認できますが、実際のサイズをもとに作られたものではないことから話半分程度に見なければいけません。

Pixel Foldのデザイン

もう1つの課題である重量については背面にガラスが使用されることもあって「超重い」とレポートされています。開発が進むにつれて軽量化されることを期待しましょう。背面には垂直に立つ大型のカメラユニットも確認できます。

Pixel Foldのデザイン

ボディを開かなくてもアクセスできるカバーディスプレイはパンチホールデザインで、タブレットサイズのメインディスプレイの上下にはフロントカメラが搭載される幅広のベゼルが設けられます。せっかくの巨大なスクリーンを狭める幅広のベゼルは多くの人が好まないでしょう。

Pixel Foldのデザイン

側面には電源ボタンと音量ボタンが搭載され、電源ボタンには指紋認証センサーが内蔵される可能性があります。

筆者のような左手でスマホを操作する人にとって右側に配置された指紋認証センサーは精度が明らかに悪化するため、搭載は避けて欲しいところですが、コストを抑えるためにはディスプレイ内蔵の指紋認証は難しいのでしょう。

Pixel Foldのデザイン

カラーはGoogleお気に入りのカラーであるチョークとオブシティアンの2色が用意されるようです。

アニメーションで見るPixel Fold

Pixel Foldのデザインに関する情報としてAndroid 12Lのベータ版から折りたたみスマートフォンのアニメーションが発見されました。

折りたたみスマートフォンのアニメーションは、SIMカードのセットアップ時に表示されるもので、Pixel Foldのコードネーム“Pipit”とも紐づいているとのこと。

端末を閉じた状態のPixel Foldと見られるアニメーション

端末を閉じた状態のPixel Foldと見られるアニメーション

9to5Google

端末の左側に分厚めのベゼル、右側に電源または音量ボタン、ボトム側にSIMカードスロットが配置されています。

白抜きのエリアは折りたたみのボディを開かなくても操作できるカバーディスプレイでしょう。Galaxy Z Fold4よりもOPPO Find Nに近い横幅の広いサイズ感になることが予想されます。

正方形に近い折りたたみディスプレイ

Pixel Foldは、MicrosoftのSurface Duoのような2つの画面を搭載する折りたたみスマートフォンではなく、Galaxy Z Fold4のような折り曲げ可能な有機ELをメインディスプレイに搭載するようです。

メインディスプレイの画面サイズは7.57インチ、リフレッシュレートは120Hz。Android 12Lから発見されたPixel Foldのアニメーションを実測したところ縦横比は7:8とのこと。

もちろんアニメーションに正確なサイズが反映されているかはわかりませんが、OPPO Find Nのような正方形に近いサイズ感になる可能性があります。

また、ボディを開かずにアクセスできるカバーディスプレイは、Galaxy Z Fold4の6.19インチよりも小さい5.78インチと報じられています。

Pixel Fold、Pixel Foldの噂|正方形に近い折りたたみディスプレイ

7.6インチ/縦横比7:8のディスプレイを搭載か

トリプルカメラ?デュアルカメラ?

Pixel Foldの噂:トリプルカメラ?デュアルカメラ?

コストを抑えたデュアルカメラ説

Googleのカメラアプリを解析した結果、折りたたみを意味する“Folded”とタグ付けされたコードネーム「Pipit」が発見され、カメラの詳細も判明しています。

メインカメラは広角レンズと超広角レンズで構成されるデュアル仕様で、広角レンズのイメージセンサーには、Pixel 3/4/5と同じ12.2メガピクセルのIMX363が搭載されるとのこと。

GoProのように景色をダイナミックに撮れる超広角レンズのイメージセンサーにはPixel 6シリーズと同じIMX386が搭載されるようです。

つまり、Pixel Foldのメインカメラは控えめな性能になるかもしれません。カメラの高性能化は、折りたたみスマートフォンの課題であるコストアップとボディの厚さ増加につながることから、あえての選択なのでしょうか。

フロントカメラと予想されるイメージセンサーは8メガピクセルのIMX355で、“inner”と“outer”とタグ付けがされていることから、折りたたみボディの内側と外側に1つずつフロントカメラの搭載が予想されます。

しかし、コードネーム“Pitit”に関しては“Passport”と同様に製品化されないまま開発が終了しているとも報じられています。

高価な最上級のトリプルカメラ説

Pixel Foldの最新のコードネームは“Felix”と報じられています。

Felixのコードネームを発見したKuba WojciechowskiがAndroidのソースコードを解析したところ、デュアルカメラではなくトリプルカメラであることが判明。

メインカメラには64メガピクセル、1/1.3インチのIMX787センサー、望遠カメラと外側のフロントカメラにはSamsung製のS5K3J1センサー、超広角カメラにはPixel 6シリーズと同じIMX386センサーが搭載されるなどプレミアム仕様になるとのこと。

なお、Googleカメラアプリの解析結果からカバーディスプレイでプレビューを確認しながら画質の綺麗なメインカメラで自撮りができるような機能が搭載されることも発見されています。

独自のチップセット「Google Tensor」を搭載

Pixel Foldの性能を数値化したベンチマークスコアも判明しています。

Geekbench 4で計測されたスコアはシングルコア4811点、マルチコア11349点を記録。

Pixel 6 Proはシングルコア4118点、マルチコア10534点。Pixel 7 Proはシングルコア4808点、マルチコア12014点だったのでTensor G2の可能性があります。

「Google Pipit」のベンチマークスコア
「Google Pipit」のベンチマークスコア

Credit | mysmartprice

大画面&折りたたみに最適化されたOS

Pixel Fold、Pixel Foldの噂|大画面&折りたたみに最適化された「Android 12L」

Googleによると、2021年にAndroidタブレットのアクティベーション台数は前年比20%増。折りたたみスマートフォンも前年比265%以上の成長を記録しました。おそらく新型コロナウイルスの感染拡大による在宅ワークやオンライン授業の増加に伴うものでしょう。

しかしながら、AndroidはiPadOSに比べて大画面への最適化が乏しく、スマートフォン向けの画面を単純に拡大表示したり、各種機能にアクセスしやすいサイドバーを設けるなど大画面に最適化されたアプリは多くありません。複数のアプリを同時表示するマルチタスク機能の操作は複雑で改善の余地があります。

これらの状況を改善するために、Googleはタブレットや折りたたみスマートフォンなど大画面に最適化されたOS「Android 12L」をリリースしました。

Android 12Lでは、通知やロック画面、電源メニュー、設定画面、セットアップ画面など、多くの場所に大画面ならではの新しい2列のレイアウトが導入され、タスクバーはアプリのドラッグ&ドロップでマルチタスキングを始められるように刷新されます。

2カラムの通知シェード

2カラムの通知シェード

2カラムの設定画面

2カラムの設定画面

マルチタスキング対応の新しいタスクバー

マルチタスキング対応の新しいタスクバー

販売価格は25万円?

Pixel Fold、Pixel Foldの噂|販売価格は25万円?

Pixel Foldの販売価格は1,799ドルと報告されていて、Pixel 7で採用された為替設定の1ドル137.7円を適用すると日本での販売価格は247,000円になることが予想されます。

発売日はPixel Tableと同時期の2023年5月とのことで、価格はその時の為替にもよりますが、Googleの親切な為替設定であっても20万円半ばという多くの人が手の出ない価格になりそうです。

Pixel Foldのスペック

OSAndroid 13
サイズ?
重さ?
メインディスプレイ7.6インチ
リフレッシュレート120Hz
縦横比7:8
カバーディスプレイ5.8インチ
カメラデュアルカメラ
広角レンズ:64メガピクセル IMX787
超広角レンズ:IMX386
フロントカメラ9.5メガピクセル S5K3J1(内側・外側)
プロセッサGoogle Tensor G2?
メモリ12GB
ストレージ?
バッテリー?
ワイヤレス充電?
防水?
セキュリティ指紋認証センサー
話題の流れ

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています