復活:混乱複雑。Twitterの新しい「公式」ラベルってなに?なんの意味?

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/11/11 13:21

復活:混乱複雑。Twitterの新しい「公式」ラベルってなに?なんの意味?

日本時間9日、Twitterで公式ラベルの表示がスタートし、一部のアカウントを対象にタイムラインやプロフィール等に「公式」とグレーのバッジが追加されています。

これは対象のアカウントが本物であることを意味する機能です。

これまでは青いバッジが公式アカウントの目印でしたが、これからは月額制のサブスクリプションサービス「Twitter Blue」に加入するだけでもらえるように変更されることが発表されています。

UPDATE:2022/11/10 03:12イーロンマスクは公式ラベルを公開してからわずか数時間後に「キルした」とツイートして機能を取り下げました。Twitterのクロフォードによれば、公式ラベルは政府や商業団体向けの機能とのこと。ただし、現在はアカウントの種類によらず公式ラベルが取り下げられていて、いつ再公開されるのかは不明です。END OF UPDATE

UPDATE:2022/11/11 13:08公式ラベルの表示が復活しました。任天堂やどうぶつの森、ローソン、Yahoo!ニュース、JALなどに公式バッジが付与されていますが、YouTuberなど個人アカウントに公式ラベルは付与されていません。END OF UPDATE

公式ラベルがもらえない公式アカウントも

グレーで表示される公式ラベルはTwitterが提供を予告していたもの。

政府アカウント、営利企業、ビジネスパートナー、大手メディア、出版社、一部の公人に付与され、青バッジのように金で買うことはできません。

公式ラベルはタイムラインやプロフィール、ツイートの詳細、リプライなど多くの画面で表示されます。

ただし、Twitterはサブスクに加入していないアカウントから青いバッジを剥奪せず、すべての公式アカウントにグレーの公式バッジを付与していません。

青バッジあり、公式ラベルのグレーバッジなしのアカウントも多数存在している

青バッジあり、公式ラベルのグレーバッジなしのアカウントも多数存在している

状況を整理すると、グレーバッジの公式ラベルが表示されているアカウントは商業団体やゲームブランド、メディア、公共交通機関など。ただし、例外も多く付与ルールは分かりません。

青バッジが表示されているアカウントは、以前は本物として認証されていたアカウントと、Twitter Blueに加入したことで青バッジが付与されたアカウントが混在している状況。

この状況を整理するためにイーロンマスクは公式アカウントに付与した古い青バッジを剥奪することを示唆しています。

なお、現時点でTwitter Blueは日本に正式提供されていません。

話題の流れ
コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

誹謗中傷を含む場合は発信者情報開示請求します。

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています