日本版Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー:約4.5万円、eSIM・おサイフケータイ対応

bio
Yusuke Sakakura最終更新日:2022/06/05 13:34

日本版Redmi Note 11 Pro 5Gレビュー:約4.5万円、eSIM・おサイフケータイ対応

世界3位のスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)が、Redmi Noteシリーズの最新モデル「Redmi Note 11 Pro 5G」を5月30日に発売します。価格は44,800円。

Redmi Noteは、累計販売台数は2億4000万台以上を誇るフラグシップクラスの機能をミドルレンジの価格帯で提供する人気シリーズ。今年3月に発売された「Redmi Note 11」が発売からBCNランキングトップ10に4週連続でランクインしました。

新たに発売される「Redmi Note 11 Pro 5G」は、同シリーズの最上位モデル。最大1億800万画素のプログレードカメラやヌルヌルとなめらかな映像が楽しめるリフレッシュレート120Hzのビッグ有機ELを搭載し、5,000mAhの大容量バッテリーと15分で約50%の充電が可能な67Wの急速充電に対応するなど、フラグシップクラスの性能がミドルレンジの価格で手に入るモデルとのこと。

発売日を前にXiaomi公式 楽天市場店AmazonのXiaomi公式ストアでオープンマーケット版の予約が開始。シャオミスマートフォンを初めて取り扱う楽天モバイルでも今日から予約受付を開始します。

Xiaomi Japan

Redmi Note 11 Pro 5G
Redmi Note 11 Pro 5G¥ 44,8005,000mAhの大容量バッテリーと、15分で約50%の充電が可能な67Wターボチャージに対応。おサイフケータイやeSIMに対応するなど、高い利便性を提供する最新スマホです。ディスプレイは6.67インチ有機EL、リフレッシュレート120Hzによるなめらかな映像やアニメーションに対応。最大1億800万画素のプログレードカメラを含むトリプルカメラを搭載しています。

目次

1分でわかる「Redmi Note 11 Pro 5G」

速報:Redmi Note 11 Pro 5Gが4.4万円で登場。楽天モバイルからシャオミ初発売

長いレビューを読んでいられない人のために「Redmi Note 11 Pro 5G」の特徴を1分でまとめます。

「Redmi Note 11 Pro 5G」は、全4機種ラインナップのなかで最高性能を誇る最上位モデルです。

44,800円の販売価格ながら、5,000mAhの大容量バッテリーを15分で約50%も急速充電できる67Wターボチャージ(急速充電)に対応。映像やスクロール、アニメーションをなめらかに表示できるリフレッシュレート120Hz、6.67インチのビッグ有機EL、最大1億800万画素のプログレードカメラ、Snapdragon 695 5Gを搭載。おサイフケータイ(FeliCa)/NFC、eSIM、超高速通信の5Gにも対応したコストパフォーマンスに優れるRedmi Noteシリーズの最新モデルです。

Redmi Note 11 Pro 5Gのスペック

スペックRedmi Note 11 Pro 5GRedmi Note 11
ディスプレイ
  • 6.67インチ 有機EL
  • フルHD+(2,400 x 1,080ピクセル)
  • リフレッシュレート最大120Hz
  • タッチサンプリングレート最大360Hz
  • ピーク輝度:1200ニト
  • 6.43インチ 有機EL
  • フルHD+(2,400 x 1,080ピクセル)
  • リフレッシュレート最大90Hz
  • タッチサンプリングレート最大180Hz
  • ピーク輝度:1000ニト
チップセットSnapdragon 695 5GSnapdragon 680
メモリ6GB4GB
ストレージ容量128GB64GB
microSD最大1TB最大512GB
メインカメラ
  • 108メガピクセル 広角カメラ
  • 8メガピクセル 超広角カメラ
  • 2メガピクセル マクロカメラ
  • 50メガピクセル 広角カメラ
  • 8メガピクセル 超広角カメラ
  • 2メガピクセル マクロカメラ
  • 2メガピクセル 深度カメラ
フロントカメラ16メガピクセル13メガピクセル
バッテリー容量5,000mAh5,000mAh
ワイヤレス充電XX
急速充電67W33W
防水・防じんIP53IP53
おサイフケータイX
NFCX
5G
対応バンド:n3/n28/n41/n77/n78
X
Wi-Fi802.11a/b/g/n/ac802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth5.15.0
eSIMX
イヤホン端子X
サイズ164.1 x 76.1 x 8.12 mm159.87 x 73.87 x 8.09 mm
重さ202 g179 g
販売価格44,800円24,800円

デザイン:フラットなフレームとガラスの新デザイン

デザインを一新したRedmi Note 11 Proには、フラットエッジのフレームとフラットなガラスパネルを組み合わせた新ボディが採用されています。

メタルのような仕上げのフレームに、ガラスパネルを組み合わたことでミッドレンジモデルなりの質感、高級感があります。

カラーはマットな質感のグラファイトグレー、鮮やかな白とシルバーフレームのポーラーホワイト、波紋をイメージした模様が特徴的なアトランティックブルーの3色です。

波紋がデザインされたアトランティックブルー

波紋がデザインされたアトランティックブルー

背面はRedmiと5Gのロゴのみ。グローバル版にあるCEマークやWEEE指令のゴミ箱マークがプリントされていないため、かなりスッキリした印象です。プログレードを謳うカメラユニットは、かなり存在感のある大きさでボディから大きく突き出しています。机に置いたまま操作するとガタつきます。

フラットフレームの右側面には、ボリュームキーと指紋認証センサーを搭載した電源ボタンが並びます。筆者のような左手持ちの人にとっては、ボディを巻き込む形でセンサーに指を乗せることになるため、うまく認識されないことがあります。

最大のストレスはスマホを持ってるだけで画面ロックが解除されてしまうことです。意図せず画面ロックが解除されてポケットの中で暴走していることが何回もありました。

右側面に搭載された指紋認証センサー

右側面に搭載された指紋認証センサー

トップにはイヤホン端子、ボトムにはUSB Type-C端子とSIMカードスロットが配置。SIMカードスロットはnanoSIMカードとmicroSDカードを同時に収納できるタイプです。eSIMと合わせて2つのSIMと最大1TBのmicroSDカードを同時利用できます。

 

上下両方にスピーカーを1台ずつ配置したステレオサウンドシステムを搭載。立体音響技術Dolby Atmosにも対応していて、臨場感あるサウンドが楽しめます。

ディスプレイ:120Hzの超なめらかスクロール

Redmi Note 11 Pro 5G:ディスプレイ

画面の大きさは6.67インチ。片手で操作すると半分ぐらいのエリアに指が届きませんが、画面を縮小表示できる片手操作モードが利用できます。

ディスプレイはメリハリのある映像を映し出す高コントラスト比の有機ELで、高精細なフルHD+仕様。HDRには対応していないものの、豊かな色彩表現も可能なDCI-P3で画質は十分。

画面の明るさは最大1,200ニトで、晴天時でも十分な見やすさでした。また、サンライトモードによって明るさの自動調整をオフにしている時でも、晴天時など周りの環境に応じて画面の明るさをマックスに自動調整してくれます。

リフレッシュレートは最大120Hzです。購入直後は60Hzに設定されていますが、設定画面から120Hzに変更すると、Twitterなどのタイムラインのスクロールやホーム画面を横移動した時のアニメーションがかなりなめらかに動作するようになります。

リフレッシュレートスクロールやアニメーション、対応する動画コンテンツなど、映像のなめらかさを表すスペックです。1秒間に何回画面を書き換えるかを表現していて、例えば、リフレッシュレート120Hzの場合は、1秒間に120回画面が書き換えられます。一般的なスマートフォンは60Hzです。レートが大きくなるほど電池消費量も大きくなります。

4万円台のスマートフォンとして最高性能のディスプレイと言って良いでしょう。鮮やかな映像美とリフレッシュレート120Hzの超なめらかなアニメーションとスクロール、タッチサンプリングレート最大360Hzによって高速タッチ操作もゲームに正確に反映されます。

カメラ:プログレード・・・?

Redmi Note 11 Pro 5G:カメラ

Redmi Note 11 Pro 5Gのカメラは、広角・超広角・マクロレンズのトリプル構成で、Xiaomiは“プログレード”を謳っています。

カメラセンサーは1/1.52”の「Samsung ISOCELL HM2」を採用。広角レンズは1億800万画素の超高精細仕様ですが、9つのピクセルを1つにまとめて扱うピクセルビニングとデュアルネイティブISOによって、通常の写真モードでは、暗い環境下でも高いダイナミックレンジとカラーパフォーマンスを発揮した12MPで記録されます。

望遠レンズがないため、遠くの被写体を撮影するズームは苦手。実用的な画質で撮影できるのは2〜4倍までです。

広角レンズで撮影

広角レンズで撮影

広角レンズで撮影

広角レンズで撮影

HDRで黒つぶれや白飛びなし

HDRで黒つぶれや白飛びなし

2倍のデジタルズーム

2倍のデジタルズーム

もちろん1億800万画素で撮影することも可能ですが、ピクセルビニングが効かないため、ノイズが目立ちやすくダイナミックレンジも狭まるので黒つぶれも発生しやすくなります。

通常モードで撮影した方がディテールもしっかりしていたので、108MPモードを使うことはほとんどないでしょう。

1億800万画素の写真はデータ容量が大きすぎて記事には貼れないので、見たい方はこちらからどうぞ。

視野角118°の超広角レンズでは、多くの被写体を1枚に収めるグループショットを景色などをダイナミックに撮影したい時に便利。8MPなので画素の荒さが目立ちます。ノイズも強め。

超広角レンズで撮影

超広角レンズで撮影

ノイズや画素の荒さが気になることも

ノイズや画素の荒さが気になることも

暗所でも明るく撮影できる夜景モードはかなり効果的で、背景をぼかせるポートレートモードにも対応しています。AIはひどい油絵のようになることもあるため、あまりオススメできません。

夜景モード

夜景モード

夜景モードx2倍ズーム

夜景モードx2倍ズーム

ポートレートで背景をぼかすことも

ポートレートで背景をぼかすことも

4K動画には非対応。フレームレートは30fpsのみ。ミドルレンジスマホのカメラとしては合格だと思いますが、プログレードと言われると物足りなさがあります。

なお、初期状態でもシャッター音は控えめですが、設定画面から地域を変更することでカメラ音を無音化することも可能です。

電池持ち:バツグンの電池持ち・爆速充電

Redmi Note 11 Pro 5G:電池持ち

バッテリーは超大容量の5,000mAh。わずか15分で50%まで急速充電可能な67Wのターボチャージに対応しています。寝る前に充電を忘れてもわずかな時間で十分な量を充電できます。残念ながらワイヤレス充電には対応していません。

ちなみに、一般的なUSB-PD対応の30W出力 電源アダプタ(Pixel付属のGoogle純正品)で充電したところ15分で27%まで充電可能でした。

電池持ちをテストするために、画面の明るさを最大・リフレッシュレート90Hz・明るさの自動調整をオフにして、ApexモバイルとDead by Daylightを30分間プレイしたところいずれも約10%の減少でした。

それなりにヘビーに使って10時間持ったので十分な電池持ちだと思います。通勤や通学で1時間ずつ動画を見たりゲームをして、必要な時にLINEを返したり、合間にTwitterやInstagramを見るといったライトな使い方なら余裕で1日電池が持つと思います。

充電時の発熱を抑える冷却技術「リキッドクール」によって、バッテリーへの負荷を軽減することも可能。ただし、就寝時などスマートフォンを使わない時間の充電を制限することで、バッテリー消耗を避けて長寿命化するような機能はありません。

パフォーマンス:Apexモバイルはカクつくことも

Redmi Note 11 Pro 5G:パフォーマンス

パフォーマンスに直接関係するチップセットは6nmプロセス製造のSnapdragon 695 5Gを搭載。メモリは6GBを搭載しています。

スマートフォンの性能を数値化したベンチマークスコアをGeekBench 5で計測したところ、シングルコアが600後半、マルチコアは2000以上を記録。2018年〜2019年に発売されたフラグシップモデルクラスの性能です。

さらに、快適なゲーム体験に関わる描画性能を3D Markで計測したところ、瞬間的な描画性能を計測できるWild Lifeは1200前後を記録。長時間の描画性能を計測できるWild Lifeのストレステストはベストが1205、ローが1198で発熱による性能低下はほぼありません。

高い処理能力を要求するゲームアプリ「Dead by Daylight」や「Apex Legends Mobile」をプレイしたところ、グラフィックがスムーズに描画されないシーンもありますが、描画性能が低いことが関係しているのでしょう。

発熱はとても優秀。Apexモバイルをプレイすると確かに手に熱は感じるものの、ストレスに繋がるようなものではありません。

Redmi Note 11 Pro 5GRedmi Note 11Redmi Note 10 Pro
チップセットSnapdragon 695 5GSnapdragon 680Snapdragon 732G
Geekbench 5
  • シングルコア:600後半
  • マルチコア:2,000程度
  • シングルコア:350前後
  • マルチコア:1,600前後
  • シングルコア:500前半
  • マルチコア:1,600程度
Wild Life1,200前後450前後1,100前後
Wild Life Stress Test
  • ベスト:1,205
  • ロー:1,198
  • ベスト:450
  • ロー:448
  • ベスト:1,110
  • ロー:1,105

MIUI 13:どこからでもアプリを起動できる新機能「サイドバー」

OSはAndroid 11ベースのMIUI 13です。スマートフォンの基本体験の向上を目的として以下の機能が搭載されています。

MIUI 13の体験向上4つ
  • リキッドストレージ
    • 3年間の使用で他のAndroidではストレージへの保存速度が半減するのに対して、MIUI 13は断片化を低減することでわずか5%の低下に抑える
  • アトマイズドメモリー
    • 使っていない機能のメモリ割り当てを無効化してより多くのアプリを同時実行できるほかアプリの切り替えがスムーズになる
  • フォーカスドアルゴリズム
    • 使用中のアプリに対して優先的により多くのリソースを割り当てる
  • スマートバランス
    • バッテリーとパフォーマンスのリアルタイムな最適化で電池持ちが10%向上

Redmi Note 11 Pro 5G:MIUI 13

新機能として画面左上に表示されるバーをセンターに向かってスワイプして、アプリをどこからでも起動できる新しいランチャー機能「サイドバー」も追加されています。

まとめ:納得のコストパフォーマンス

SCORE4.0
5
Redmi Note 11 Pro 5G

GOOD

  • 5000mAhの大容量バッテリーでバツグンの電池持ち
  • 同梱された充電器でわずか15分間で50%の爆速充電
  • 明るい・なめらか・正確な色合いの有機EL
  • 大音量のステレオスピーカー
  • デュアルガラスの新しいボディ

BAD

  • 4K動画非対応
  • Redmi Note 10 Proから大きな性能アップなし
  • マクロレンズのグレードダウン、深度センサー廃止
  • (特に左持ちで)アクセスしにくい側面の指紋認証

45,000円を切る価格で最大120Hzのリフレッシュレート、6.67インチの大画面有機EL、大容量バッテリーによる抜群の電池持ち、同梱の67W電源アダプタで爆速充電、高負荷なゲームアプリも快適なチップセット、優れた耐発熱、下位モデルのRedmi Note 11が非対応だった5G、おサイフケータイ、eSIMにも対応するなど、コスパに優れたスマートフォンです。

一方で、前モデルのRedmi Note 10 Proに比べると、マクロレンズが5MPから2MPにダウングレードし、深度センサーは搭載されなくなりました。チップセットの性能自体はわずかにアップしているものの、ミドルハイのSnapdragon 7シリーズからミドルのSnapdragon 6シリーズに変更されています。これによって4K動画も撮影不可に。

Xiaomiによれば、半導体のSoCは10-15%、物流コストは30%、トータルコストが10%も向上するなど、原材料費が高騰しているとのこと。日本においては円安も影響するなかで、各社とも難しい選択を迫られているようです。

Redmi Note 11 Pro 5Gでは、カメラがダウングレードし、チップセットは性能アップはしたもののシリーズとしては格下げする一方、5G・おサイフケータイ・eSIM対応など機能アップしながら、前世代から1万円アップの44,800円で登場します。3万円台であれば衝撃的な安さですが、4万円台でも多くの人が納得いくコストパフォーマンスにはなっています。

Redmi Note 11 Pro 5G
Redmi Note 11 Pro 5G¥ 44,8005000mAhの大容量バッテリーと、15分で約50%の充電が可能な67Wターボチャージに対応。おサイフケータイやeSIMに対応するなど、高い利便性を提供する最新スマホです。ディスプレイは6.67インチ有機EL、リフレッシュレート120Hzによるなめらかな映像やアニメーションに対応。最大1億800万画素のプログレードカメラを含むトリプルカメラを搭載しています。

キャンペーン:Miスマートバンド 6が先着6,000人に

キャンペーン:Miスマートバンド 6が先着6,000人に

Redmi Note 11 Pro 5Gの発売記念キャンペーンが開催されます。

6月30日までにXiaomi指定取扱店にて購入し、5月30日9時から7月14日23時59分までに専用サイトにて応募すると、先着6,000人を対象にMi スマートバンド 6(ブラック)が当たります。

発売記念キャンペーン
内容Mi スマートバンド 6(ブラック)が先着6,000人に当たる
予約&購入期間2022年5月19日(木)9時00分~2022年6月30日(木)23時59分
応募期間2022年5月19日(木)9時00分~2022年7月14日(木)23時59分
特典の引換期間 2022年5月30日(月)9時00分~2022年7月14日(木)23時59分
応募条件購入期間内にXiaomi指定取扱店にてRedmi Note 11 Pro 5Gを購入
Xiaomi指定取扱店
  • 楽天モバイル
  • Mi.com
  • Amazon Xiaomi公式ショップ
  • 楽天市場 Xiaomi公式ショップ
  • 各量販店など

コメント

コメント利用規約

質問は必ず記事を読んでから投稿してください

過激な表現を用いたコメントは修正後に投稿するか削除します

攻撃的な表現を含む場合はIPアドレスを明記して公開します

コメントを残す

(任意)

Recommendこんな記事も読まれています